2015.12.02

付き合いたての二人だからこそ、気をつけてほしい4つのポイント

新しい恋人ができた時は嬉しさのあまり、つい浮足立ってしまいがちです。

しかし、付き合い始めの頃は、まだ恋人としての信頼関係を築けておらず、距離のはかり方もお互い分からないもの。些細なことで関係が崩れてしまいがちな時期です。

いま一度、気をつけておきたい事をしっかり確認しましょう。

1.昔の恋愛事情を暴露しすぎない

「前の恋人の話は気になるけど、あまり洗いざらい話されるといい気分はしないし、彼女の欠点が嫌でも見えてしまう気がする。
そして、いざその欠点が見えてしまったら一気に冷めてしまうと思う」(21歳/大学生)

付き合ってすぐの頃は、相手がどんな恋愛をしてきたのか気になるもの。
そして、その話をすることで距離を縮めようと思う事もあるでしょう。ですが、その内容によっては彼との距離がむしろ離れてしまう可能性もあります。

「前の彼とはこういう事で別れてしまった」という話は、相手に「この子の欠点はこういうところなのか」と警戒心を抱かせてしまいますし、彼にとってその欠点は際立って見えてしまうかもしれません。
下手に先入観を与えてしまいそうな話題はほどほどにしておくべきです。

2.「付き合う」という意思や覚悟

「付き合うなら、お互いにきちんとした覚悟というか、自覚をもって接したい。
男女に関係なく遊び感覚で付き合って、少しでも合わないと思ったらすぐ別れてしまうのは何か違う気がする。」(20歳/接客業)

せっかく気が合いそうな人を見つけて恋人になったというのに、「ちょっとイメージと違った」というだけで付き合いをやめてしまう人も少なくありません。
そういった人は、どんな人と付き合っても結局長続きしないパターンがほとんどです。

相手の言動で引っかかる事があった時、すべて相手の責任にしていませんか?
冷静に、客観的に現状を考えることも大切です。相手の欠点がよほど理不尽でない限り、それに対応できない自分にも少なからず非があります。

ささいな衝突ですぐに別れてしまうのは、付き合うときにそれだけ腹をくくっていないということでもあります。相手と向き合い、理解しあっていこうとする姿勢も大切です。

3.頻繁にLINEやメールをしすぎない

「付き合いたての頃は、気持ちも盛り上がっているし、できるだけ相手を知りたいと思うから、LINEやメールでのコミュニケーションはしたいと思う。
でも、あまりに頻繁に連絡が来ると、さすがに引く」(25歳/美容師)

「仕事でレスを返すのが遅くなることもあるけど、その間に彼女からの大量のメッセージがたまっていると、恐怖心が生まれる」(26歳/医療関係)

男性は女性よりも連絡不精なタイプが多いようで、LINEやメールをマメに送ってこない・・・なんてこともよくある話。
もちろん、仕事でなかなか返事を出せないこともあります。

彼がすぐに返事をくれないからといって、こちらからガンガン連絡するのも考えもの。
あまりに頻繁な連絡は相手に圧迫感を与えてしまうこともありますので、適度な連絡を心がけて。

4.軽率に子作りをしない

「いつかは自分も子供を持ちたいと考えています。でもやっぱり、付き合ってすぐに子供ができて、そのまま結婚してしまうのは、その先の事も考えると怖いですよね。
結婚後に何かあってはその子供にも申し訳ない」(27歳/金融関係)

「若いママもいいかも!」「できちゃった婚でもいいか」と思ってしまう女性もいるのではないでしょうか。

でも、子供ができたからといってその後の関係が上手くいくかというと、そうとは限りません。中には付き合って数ヶ月で別れた後に、妊娠が発覚するケースも聞きます。

また、付き合って間もなく“できちゃった婚”した人の中には、後々になって相手の本性が見えてしまい、出産前に離婚してしまうことも。シングルマザーとして生活していくのはとても大変なことです。

これは男女に共通して言える事ですが、付き合いたての浮かれた状態で避妊具なしの性行為は思っている以上にリスクが高いです。「自分にはこの人しかいない!」と思う人に巡り合っても、最初のうちは慎重になりましょう。

おわりに

恋人との関係を築くというのは簡単なことではありません。
だからこそ、うまくやっていくためにきちんと順序を踏んでいくことも必要です。

焦ってしまう気持ちも分かりますが、せっかく見つけた相手との関係を続けていくためにも、付き合い始めの時こそ気をつけましょう。(恋愛エステティシャン桜子/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事