2015.12.02

リーチばかりでビンゴなし?イイカンジになった男子と付き合えずに終わる女子の特徴・4つ

恋愛では、「リーチ」は「付き合えそうなイイカンジ」、「ビンゴ」は「カップル成立」ですよね。
基本的にはリーチまでいけばビンゴがほぼ確定なんですけど、たくさんリーチはできるのに、なかなかビンゴがでない女子っています。こういうのって、すごくもどかしいですよね(笑)。

こんなもったいないことになってしまわないように、みなさんもイイカンジになったらきちんと男子に告白させる女子になりましょう。

そこで今回は、20代男子30人に「イイカンジになっても付き合わずに終わりやすい女子の特徴」について聞いてみました。

1.「順番」を気にしすぎてる

「付き合う前は、エッチはもちろんダメだし、キスも手つなぐのも家にいくのもダメって決めつけちゃってる子は、なかなか一線を越えられないと思う。どうせ付き合ったらするんだし、よくね?」(大学生/22才)

たしかに理想的な順番通りにいけば一番いいのでしょう。けど、あえて順番をずらすことで、「家にあげてくれたってことは、もう告白してもOKだよね?」と男子に確信を与えることもできるわけです。

「友達だからここまで」と厳しく考えすぎていると、男子を臆病にさせてしまうかもしれませんね。

2.告白を誘えない

「イイカンジになったあと、『告白しやすい女子』と『告白しにくい女子』っている。
しやすい女子は、いいタイミングで『公園行ってちょっと話さない?』とか言ってくれたりするだよなー」(大学生/20才)

告白をするのは男子でも、告白しやすい舞台を整えてあげるのは女子の役目かもしれません。
「告白していいよ?」って無言のメッセージを送ることもビンゴをとるのには必要ですね。

3.運命かどうか気にしすぎる

「付き合う前に『この人と付き合ったら本当に幸せになれるのかな』とかいろいろとあれこれ考えちゃってる人はよくないんじゃない? 
付き合う前なんて相手のこともわかんないし、考えても無駄でしょ」(営業/25才)

いくらイイカンジでも、まだまだただの友達ですから、カレも本音や本性を出してません。だから、「まずは付き合ってみる」って、すごく大事だと私も思います。

そんな簡単に付き合う前から運命かどうかわかったら、どんなカップルも別れちゃったりしてないはずですから。

4.「ペースアップ」しない

「何回デートしても、『んー、次暇なのは再来週かなー』みたいに言ってこられると、いつまでも攻められない」(営業/26才)

こういうところで、男子に「よし、攻めドキだっ!」って思わせるのも大事。
たとえば今までは2週間に一回ペースで会ってても、「すぐだけど、来週また会わない?」とか言ってあげるだけでかなり効果があります。

おわりに

どうでしたか? リーチまでいっても、ビンゴにならなかったらなんの景品ももらえません。むしろ、リーチにすらならないよりもガッカリ感は大きいですよね……。

みなさんも、リーチになったら逃さずビンゴをとりまくれるようになってくださいね!(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事