2015.12.02

すっぴん勝負で合コンウケも抜群?!爪用コンシーラーでつくる「極上すっぴんネイル」

皆さんこんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。ネイルって、普段は誰かの「ウケ」を狙うものではなくて、全くの自己満足。キレイなネイルは自分の疲れた気持ちを癒すものの1つでもありますよね。「派手なネイルはデートに不向き」なんてアドバイスを見ても「知るかっ!自分が気持ちいいんじゃ!」と思うこともしばしば。好きな色、好きなキラキラ、好きなアートで彩られた爪先を仕事中に見るだけでも「ホッ」とする人も多いはず。

ネイルの自己満足ってメイクにも近くて、周りから見て「やりすぎ」と思っても、本人が幸せならそれはそれで個性の一つ。それでいいと思うのです。でも「たまにはすっぴん風メイクにしようかな」と雑誌のページで勉強する夜もあるはず。すっぴん風メイクの難しさは女性なら痛いほどわかるだけに、上手にすっぴん風メイクしている人を見るとうらやましかったりして。そう、合コンではウケがいいすっぴん風メイクやすっぴん風ネイル。
ただ「何もしない」だけとはちょっと違う。今回は、極上のすっぴん風ネイルの作り方をお伝え致します。

◇「何もしない」とはちょっと違う

すっぴんメイクに入念なベースが必要なように、何もしない「天然素材」状態と違って、磨かれた極上すっぴんネイルにもベースが必要です。まずは、しっかり爪磨きセットで磨いてあること。ささくれをカットしたり、角質を磨いてあったり、そのひと手間がキレイなすっぴんネイルを作り上げます。爪先を丸く整えて表面を磨くことは、メイク前に顔の角質を除去したり、産毛のお手入れをすることと同じと考えてください。

◇コンシーラー使ったことある?

爪にも「コンシーラー」があることご存知ですか?爪のデコボコを目立たなくしてくれたり、濃いベージュで色むらを隠してくれたりする爪用のコンシーラー。「リッジフィラー」という名前で販売されたりもしています。ベースコート兼用のものもありますので、透明のベースコートだけだとあまりキレイなすっぴんネイルにならないという方は、キレイに磨いた爪にリッジフィラーを塗るだけでも、以前とは違ったキレイさに出会えるかも。リッジフィラーで整えた爪に塗るマニキュアは、普通のベースコートに重ねた時よりキレイな均一感も味わえます。白っぽいもの、ピンクっぽいもの、ベージュ系、とリッジフィラーも色々なので、自分の爪色や肌に合わせて選んでみてくださいね。

◇プロの技で長持ちすっぴんネイル

「色々揃えるのめんどくさそうだな。」と思う方にはやっぱりプロの技がおすすめ。ジェルネイル大人気の昨今ですが、実はマニキュア派の方も多いのです。甘皮も角質もキレイにしてもらって、爪表面を磨いてコンシーラーで整え、すっぴんカラーで艶だけプラス。プロにしかできない極上仕上げになること間違いなしです。プロに磨いて貰った爪の輝きはなかなか消えることはありません。新しく生えてくる爪は天然素材ですが、一度磨いた爪は切るまでつるつるな状態を保てます。

◇おわりに

ネイルもメイクも決まりはないので、自己満足で飾り立てる日もあればすっぴん風で楽しむ日があってもいいはず。合コンだけでなく、目上の方とのお食事の際なんかにもすっぴんネイルは好評なようです。ジェルネイルとはまた違った魅力がありますので、ぜひ試してみてくださいね。(川上あいこ/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事