2015.12.02

血液型別調理法ダイエット「お鍋」のケース

今、海外のセレブ達が実践している「血液型ダイエット」というものがあるのをご存知ですか?これは、ピーター・J・ダダーモ博士が各血液型に合ったダイエット法をまとめたもの。血液型はA、B、O、ABの4タイプに分けられますが、それぞれホルモンの分泌量や酵素の働き方も微妙に異なっています。そこで今回は、この血液型ダイエットを応用して、料理研究家のHITOMI先生監修のもと「血液型別調理法ダイエット」をご紹介致します。今回はお鍋で見ていきましょう。

A型にピッタリの調理法は…石狩鍋

生真面目で努力家のA型生まれのあなたは、頑張りすぎてストレスを溜めがち。そのため、ストレス解消にドカ食いをしてしまう人が多いようです。血液型診断によると、A型は農耕民族がルーツとされます。そこで、よく満腹指数が高い食材を用いてバランスよく食べられる調理法がオススメと言えるでしょう。お鍋で言えば、土鍋に出し汁(700cc)、 味噌(大2)、薄口醤油・みりん・酒(各30cc)を煮立せ、鮭・キャベツ・玉葱・芋・豆腐などを煮る「石狩鍋」が理想的。魚や野菜だけでなく、お芋を入れることで、満腹中枢が刺激されドカ食い防止のダイエットに。

B型にピッタリの調理法は…寄せ鍋

気分屋でマイペースと言われるB型生まれのあなたは、凝り性なので好きなものだけを食べ続けることが多くなりがち。そのため、栄養が偏らないように注意が必要です。血液型診断では、B型は遊牧民族がルーツとされます。そこで、炭水化物、タンパク質、食物繊維をバランスよく摂取できるような調理法がオススメと言えるでしょう。お鍋で言えば、土鍋に出し汁(700cc)、薄口醤油・みりん・酒(各50cc)、塩(適量)を煮立せ、鶏肉・白身魚・白菜・白葱・豆腐・うどんなどを煮る「寄せ鍋」が理想的。さまざまな具材を揃えて、栄養の偏りがなくバランスのとれたダイエットに。

O型にピッタリの調理法は…ちゃんこ鍋

裏表がなく思ったことをストレートに伝えるO型生まれのあなたは、エネルギッシュでスピーディーなため、肉類を好む傾向があるようです。そのため、ヘルシーに肉類を食べることを心がけてみて。血液型診断によると、O型のルーツは狩猟民族。余分な脂身をとらずに良質なタンパク質を取り入れる調理法がオススメ。お鍋で言えば、土鍋に出し汁(700cc)、 味噌・砂糖(大2)、濃口醤油・酒(各30cc)ごま油(大1)、にんにくのすりおろし(1片)を煮立せ、豚肉・鶏つくね・白菜・油揚げ・麺などを煮る「ちゃんこ鍋」が理想的。豚肉の脂を溶かし出し、鶏つくねでヘルシーダイエットに。

AB型にピッタリの調理法は…キムチ鍋

二面性があり筋道を立てて自由に物事を考えるAB型生まれのあなたは、免疫力が低下しやすく体質上身体が冷えやすいため、代謝が悪くなって太ってしまいがち。そのため、身体を冷やすような食べ方は避けてみて。血液型診断によると、AB型はAとB両方の要素を持つニュータイプ族。代謝を低下させないようにカプサイシンが含まれるもの、特に唐辛子を食事に取り入れるのが理想です。そこで、土鍋に鶏ガラスープ(700cc)、 濃口醤油・酒(各50cc)、砂糖(大2)、塩(適量)、にんにくのすりおろし(1片)を煮立せ、キムチ・豚肉・にら・豆腐・中華麺などを煮る「キムチ鍋」が理想的。キムチにつかわれている唐辛子とにんにくで新陳代謝ダイエットを。

おわりに

血液型別調理法は簡単で、自分の血液型に適している調理法・食べ方でダイエットに効果的な食材を料理するだけ。自分の血液型に合った調理法で食することで、消化機能や免疫力を高めていくという訳ですね。そして、自分の「食べ方の癖」をバランスのとれたものにしていくことで、ナチュラルにダイエットする!のが目的です。このとってもシンプルな血液型調理法、是非一度お試しあれ。(脇田尚揮/ライター・料理研究家HITOMI/監修)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事