2015.12.05

あなたが迷っている間に「ほかの女子と付き合っちゃう男子」のホンネ


いろんな男子にお話を聞いていると、男子で「この女子と付き合おうかなどうしようかな」と、モタモタと悩んでいる人って、少ないように感じます。
「付き合おうかどうしようか」という角度の悩みではなく「付き合ってくれないけどどうしようかな」という悩みを抱えている男子のほうが多いものです。

よく世間で言われるように、男子はひと目惚れの天才ですから、一気に好きになって「付き合ってくれないけど、どうしようか」という角度の悩みを持つのでしょう。

付き合ってくれないとなると、まぁしかたない、ほかを当たるか、当面は片想いのまま切なく暮らすしかない……男子のホンネはこんなところでしょうか。

友だちの関係をキープしておくといい

女子で「この男子のことが好きだけど告白する勇気がなく……」と思っていると、そのうちその男子はほかの女子に取られて……というパターンは、ままあるでしょう。

そういうとき、その男子は嬉々としてほかの女子と付き合っているのか、あなたが告白しないものだから「妥協の結果」として、ほかの女子と付き合っているのか? ホンネはどのへんにあるのか?

ケースバイケースとしか言いようのない話ですが、彼のホンネを探ろうと思えば、やっぱり友だちの関係をうまく構築し、それを維持しつづけるといいように思います。

こちらも世間でよく言われることですが、人はたいてい「手近な誰か」に恋をし、交際するわけですから、彼のホンネを探りたい、あるいは、彼女とさっさと別れてもらってあたしが付き合いたいと思うのであれば、友だちの関係をキープしておくといいと言えます。

彼にもれなく伝わっています

友だちの関係をうまく構築できれば、タイミングが良ければ、彼はあなたに乗り換えるでしょう。乗り換えなくとも、今の彼女の愚痴くらいは聞けるでしょう。
切ない想いを隠しつつ、彼の愚痴を聞いてあげたり、相談に乗っているうちに、付き合うことになったというのは、よくある話です。

つまり、「あなたが彼のことが好き」という気持ちは、彼にもれなく伝わっているわけです。ものすごく鈍くて、「そんなこと、君に言われるまで気がつかなかった」という男子もいますが、いわゆる「友だち以上恋人未満」の男女は、お互いに「なんとなく」考えることが一致しているものです。

本当に鈍くて、まったく気づきもしない男子に出会ってしまえば、それは運が悪かったと思ってあきらめたほうがいいかもしれません。
このあとの長い人生を、そんな鈍感なやつと一緒に歩くなら、もっとほかに選択肢があるだろうと思えばいいのですヨ。

簡単に手に入るので、今の彼女と付き合っている⁉

わりと敏感な男子で、あなたが迷っているあいだに、ほかの女子と付き合ってしまった男子は、あなたの切ない恋心をちゃんと見てくれています。

ただ、いつまでも告白してこない女子よりも「簡単に」手に入るので、今の彼女と付き合っていたりもします。
「簡単に」と言えば、言葉は悪いですが、誰だって、いつまでもシングルでいたくないし、シングルでいたら淋しいし、とくにこれからの季節は人肌が恋しいし……そんなこんなで、手に入りやすい女子と付き合いがちなものです。

ということは、あなたが迷っているあいだに、ほかの女子と付き合ってしまった男子のことが今でも好きなのであれば、時期を見て告白すればいい。なにもあきらめることはない。

「おれには今、彼女がいて、君の愛情は重たいから、おれのことを想ってくれるな、おれのことを見てくれるな」と言われたら、まぁしかたないですが、そんな冷徹なことを女子に対して言う男であれば、彼の頬でもひっぱたいて、次の男子に行けばいいのです。(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事