2015.12.06

もっと気持ちいいHができる方法・4つ


みなさんこんにちは。ラブヘルスカウンセラーの小室友里です。
みなさんはどうしてこの記事を読もうと思ったのでしょうか?答えはいたって簡単。
「もっと気持ちいいエッチが出来る女性になりたいから」ですね。

それならば、テクニック云々の前に気持ちいいエッチに欠かせない大切なことを心得ておきましょう。

それは、「コミュニケーション」です。エッチのコミュニケーションが取れれば、今習得しているテクニックも格段に気持ちよくなるのです。エッチのコミュニケーションに大切な、4つのことをお伝えします。

1.目を合わせる

エッチはノンバーバルコミュニケーション(言葉を交わさないコミュニケーション)が満載です。言葉にしなくても目を合わせていれば彼の気持ちがわかるように、あなたの気持ちも彼に伝わります。

気持ちよければよいほどに、彼の目を見て気持ちを伝えましょう。
潤んだ瞳と、熱い眼差しに、彼のテンションもぐいぐい上がっていきます。

2.形にこだわらない

エッチに「普通」や「当たり前」の形やルールはありません。二人がノンバーバルコミュニケーションや、言語コミュニケーションで作り上げていく時間の中で、二人の「普通」や「当たり前」が形成されていきます。

雑誌やネットに書かれている「普通」や「当たり前」は、誰かの基準であって自分の基準ではないことを認識しましょう。

ですので、ネットや雑誌の情報を丸のまま暗記せず、その情報を実際のエッチに反映させて、彼の反応を必ず見てください。反応がよければ取り入れて、鈍いようなら引き出しの奥へ。失敗したってかまいません。
そうやって二人のエッチは深く濃くなっていきます。

3.手をつなぐ

街を歩いている時、お部屋デートしている時、彼と手をつなぎますよね。手をつなぐと気持ちが落ち着いてホッコリしませんか?

エッチにもそのホッコリとした気持ちはとても大切です。気持ちいいエッチに不可欠なのは、リラックスできる環境やコミュニケーションです。
ドキドキするシチュエーションや感情も刺激的ですが、実は快楽とは背中合わせ。ドキドキは体を萎縮させて快楽からは遠ざけてしまうのです。

彼と手をつないで安心感を得ることで、あなたも彼も気持ち良さを増幅することができます。

4.力を抜く

3にも書きましたが、体の萎縮、つまり体にぎゅっと力が入っていると、気持ち良さから遠ざかってしまいます。
体の力を抜いて、手も足もダラ~ンとして、彼の愛撫を受け入れてみてください。

もし力が抜けないのならまだまだ緊張しているか、もしくは彼の愛撫が強すぎるのかもしれません。注射や歯医者と同じで、「痛いな、怖いな」と感じていると体は抵抗しようとするので、力を抜きたくても抜けません。

その時は「痛い、強い」とは言わずに「そっと触れるだけで十分気持ちいい」と伝えましょう。
「もっと」や「優しく」という言葉は、あなたが不満を抱いていることがバレてしまい、彼の自信を喪失させてしまいます。

おわりに

テクニックのようで、テクニックではなく。簡単にやれそうで案外できないのがコミュニケーション。できないからこそ、大事なことだとも言えます。

エッチコミュニケーションは1日にしてならずです。繰り返しの積み重ねがエッチのうまさや気持ち良さにつながります。(小室友里/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事