2015.12.10

仲間内の気になる彼…友達のままはイヤ!恋愛対象になるための「4つの打開策」


気になる男性に一度“仲間認定”されてしまうと、そこから抜け出すのに苦労することがあります。

でも、その男性にとって特別な女性になりたい、と思っているのなら、悩んでいるのは時間のムダかも?仲間から彼女になるキッカケはいくらでもあります。

そこで実際に仲間から彼女に昇進した女性たちに、二人の関係を発展させる方法についてインタビューを敢行!

1. 彼にだけ悩みを打ち明ける

「狙った男性との仲を深めるためには自己開示するのが一番早い。
いまの彼とはなかなか仲間以上の関係になれなかったんだけど、私が悩みを打ち明けたことがキッカケで一気に関係が進展した。
その頃、転職で悩んでいたんだけど、彼が真剣に相談に乗ってくれて、二人で会う回数が増えて、向こうから“付き合おう”って言ってくれたよ」(29歳/インテリア)

男性は女性から頼られると内心“うれしい”と思うものです。そんな男性心理を上手に活かして、思い切って彼に悩みを打ち明けてみるといいでしょう。

大抵の男性は快く悩み相談に乗ってくれるはず。それがキッカケとなり、二人の仲がグンと深まる可能性も大。

2. グループLINEから二人LINEへ移行

「彼とは共通の趣味を持つ仲間っていう関係だったんだけど、私が彼のことを一方的に好きになっちゃって。
最初はLINEのグループトークでみんなで話してたんだけど、そこから徐々に彼に個人的にLINEを送るようにした。そしたら、自然と彼との親密度が高まった」(23歳/美容師)

彼と仲間という関係に甘んじたくないのなら、このようにまずは小さなアクションを起こすのも有効な手段のひとつ。

グループLINEで楽しく会話したうえで、個人LINEを送るのなら、違和感がありませんし、グループLINEの延長上で彼との会話も弾みやすいでしょう。

3.ダイレクトに食事に誘う

「アプローチしちゃうと、仲間という関係性を失うかも?と不安になるけど、いつまでも彼に対する気持ちを抑えていられないじゃない?
私は彼に遠まわしにアプローチしても、仲間だからこそ、気づいてもらえない危険性があると思って、ダイレクトに食事に誘ったよ。さすがに彼も私の気持ちに気づいてくれて、いまでは恋人同士」(30歳/小売)

仲間だとさり気なくアプローチしても、彼が“お世辞で言っている”“仲間としての好意だろう”と受け止めてしまうかもしれませんね。

でも、二人だけの食事に誘えば、さすがに鈍感な男性でもあなたの気持ちに薄々気づくはず。彼が好きなら仲間という関係が壊れるのを恐れずに、行動することも時には大事でしょう。

4.彼の隣の席を常にキープする

「仲間内でも仲の良い人と、それほどでもない人っているじゃない?彼は、そんなに仲の良い人ではなくって、仲間内で会えば話す程度だったの。
だから、このままじゃ彼と付き合えないって思って、仲間内で集まるときは、常に彼の隣の席をキープ。それを続けたら、彼との共通の話題も増えていって、付き合うことになった」(27歳/自営業)

いくら仲間として頻繁に会っていたとしても、彼との精神的な距離が遠ければ意味がありません。

こういった場合、毎回は難しいとしても、さり気なく彼の隣にいく回数を増やしていくことで、二人の共通点も見つかりやすくなり、彼との精神的な距離感も縮まりそうですね。

さいごに

彼が身近にいる仲間という存在だからこそ、なかなか二人の距離を縮められないということもあるでしょう。

でも、ほんの少しだけ勇気を出して行動することで、彼との関係を深めることは可能です。ぜひ上記の方法を実行してみてくださいね。(羽音/ライター)

(ハウコレ編集部)
(古泉千里/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事