2015.12.10

チャンスをムダにしない!「カラオケが苦手」女子がカラオケ二次会でモテるコツ・4つ


忘年会や新年会のシーズン。飲み会に行くと二次会にカラオケに誘われるケースも増えますね。
カラオケが苦手だと、どんな言い訳で二次会を回避するか毎回頭を悩ませている、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

好きな彼がカラオケ好きだった場合に、彼が行くならついて行きたいけど自分の歌を聞かれるのは絶対イヤ!という理由で恋のチャンスを逃してしまうのはもったいないですよね。
 
今回は、カラオケが苦手でも二次会に参加しやすくなる方法を、元女探偵の筆者が解説します。

1.カラオケが好きな人の心理を理解する

カラオケが好きな人は、カラオケは自分のかっこよさをアピールできる場所だと思っています。

歌が上手な人がカラオケに誘うパターンが多いので、カラオケが苦手な人は苦痛に感じますが、他人がヘタかどうかは案外誰も気にしていません。

カラオケ好きな人は他人の歌の上手さよりそれより、自分の歌に聞き惚れて欲しいのです。この点をよく覚えておいてください。

2.彼よりカラオケが上手なのはNG!

歌が苦手だからカラオケは行きたくない…というわけではなく、実はすごく歌が上手なんだけど、カラオケの雰囲気やあの空間が苦手……という方もいらっしゃるかもしれません。

そのときに気をつけて欲しいのは、2点です。彼より先に歌わないこと。
そして、彼より上手に歌わないこと。彼がもし音痴だったら自分は歌わないようにするのも手ですよ。

彼が歌うときは、ここぞとばかりにうっとり聞いたり思いっきり褒めましょう。
そうすれば「もっと聞きたいからまた今度ぜひ」というように会話も運びやすいです。

3.彼が音痴やカラオケ嫌いな場合

一緒にカラオケに誘われたけど、彼もカラオケが苦手そうな雰囲気が感じ取れたとき、「カラオケ苦手なんで、一緒に歌ってくれません?」と提案しましょう。
きっと彼もホッとして、あなたの気遣いにドキッとしてくれるはず。

あるいはカラオケに行く話がでたときに彼が渋っている様子が見えたら「もしかしてカラオケキライですか?私もカラオケ苦手だから一緒に抜けません?」と誘ってしまうのも手ですね!

4.1曲だけは歌える歌を持っておく

カラオケに行っていつまでも歌わずに他の人に勧めてばかりいると、逆に絡んでくる人もいます。そんなときは当たり障りなくサラッと歌ってしまう方が印象に残りません。

流行りの歌は他の女子と比較されやすいので、あえて演歌などの昔の歌を歌って「お父さんに覚えさせられたんです」と笑いをとる方向に持って行ったり、アニメソングを歌うなどちょっと違う切り口で逃げてみましょう。
彼が好きな曲に当たる可能性も高いので、練習しておくと盛り上がるかもしれません。

おわりに

カラオケに誘われると、自分が歌わされるのがイヤ……という点にばかり意識が行ってしまいがちですが、実はチャンス!

カラオケ上手な彼なら、聞き役に徹して気分良くさせること。カラオケが苦手な彼なら、一緒に歌うか一緒に抜け出してしまうこと。
うまくチャンスを活かして盛り上がっちゃってくださいね!(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事