2011.03.11

どんなPCで見ても、グラフも表も崩さない!!エクセルシートからpdfファイルに変換する方法

エクセルで資料を作って誰かに送るときなどに、バージョンが違うためにグラフが崩れたり、上手に表示できない場合があります。
そんなときは、pdfファイルにすると便利です。

また、エクセルで計算した結果の数字は見せたいけれど、計算式は隠しておきたいときなどにもpdfが活用できます。

エクセルファイルをpdfに変換する方法1

1.画面左上の「ファイル」メニューから、「名前をつけて保存」を選択します。

エクセルのバージョンによっては、以下のように保存形式で「PDF または XPS」を選択できる場合もあります。その場合は、PDF形式を選択して次に進みます。

エクセルファイルをpdfに変換する方法2

2.ファイルに名前をつけ、「ファイルの種類」で「PDF」を選択します。

 


エクセルファイルをpdfに変換する方法3

3.「オプション」で、pdfにしたいページ範囲を設定することも可能です。
「発行」ボタンでpdfファイルに変換されます。

ページ設定1

pdfにするときに、ページに入れる範囲をあらかじめ設定することができます。
ページ設定はpdf用も印刷用も共通です。
pdfへの変換は、「pdfに印刷する」とイメージするとわかりやすいですね。

1.「表示」タブから「改ページプレビュー」を選択します。
バージョンによっては、上の画面と表示が違います。

ページ設定2

2.青い点線を動かして、ページの範囲を設定します。

 

3.pdf形式でファイルを保存します。

関連記事