2011.03.11

ビジネスの場で活躍できる!違うソフトで作ったファイルから一括してpdfファイルを作る方法

会議の資料を多数印刷するときなど、たくさんの資料を取りまとめることがあります。
バラバラに印刷すると並び替える手間がかかりますが、ひとつのファイルから印刷すればそのままホチキスでとめるだけ。

ワード、エクセル、パワーポイントなどで作った資料を、ひとつのファイルにまとめる方法をご紹介します。

PDF reDirectのインストール

1.この方法ではPDF reDirectというフリーソフトを使います。
まずはこちらのページ(窓の杜)からダウンロードして、パソコンにインストールします。

2.インストールすると、プリンタの一種として「プリンタの一覧」に追加されます。

手順1

1.pdfにしたいファイルを開いて、ファイルメニューから「印刷」を選択します。

手順2

2.プリンタからPDF reDirectを選択して印刷します。

手順3

3.印刷すると、PDF reDirectが立ち上がり、以下の画面が出ます。

手順4

4.同じ要領で、合体させたいファイルをpdfに印刷しましょう。
すると「Merge List」の欄に印刷したファイルが表示されます。

Merge Listの順番は、リスト横のボタンで変更することができます。

手順5

5.ファイル名(半角英数のみ)を入力して「Save」(上図の3)を選択します。

ファイルをパスワードで保護したい場合、「Security」(上図の2の部分)にチェックを入れてパスワードを入力してから保存します。

これで一括してpdfファイルができました。

おわりに

PDF reDirectの使い方はとてもシンプルです。
他にもいろいろ設定変更してカスタマイズできるので、業務に活用してみてはいかがでしょうか。

関連記事