2015.12.14

書類作業のときミスを減らす方法とは?名前の最初の文字でわかるコトダマ診断



名前の最初の一文字には音韻のパワーが込められています。ア行~ワ行の10のタイプに分類される音の響きであなたの全てが分かります。そこで今回は、音の響きを活用して性格を分類する「コトダマ診断」にて、「書類作業の際ミスを減らす方法」をご紹介いたします。
(例)タイプの見つけ方:もし涼子なら…最初の一文字は「り」⇒ラ行タイプ

素直な木のタイプ……カ・タ行

・カ行
あなたが書類作業の際ミスを減らすためには、他人に確認しながら進めていくことが必要です。自分一人で作業をしようとすると、思い込みで誤ったやり方になってしまう可能性があるようです。常にチェックしてもらう体制を設けると良いでしょう。

・タ行
あなたが書類作業の際ミスを減らすためには、並行して別の仕事を行わないことが必要です。簡単な書類であっても、同時進行で行うとミスが起きてしまいがちです。できそうだと思っても、手を出さないほうが良さそうです。

エネルギッシュな火のタイプ……ナ・ラ行

・ナ行
あなたが書類作業の際ミスを減らすためには、勢いで仕上げようとしないことが必要です。一気に終わらせようとするところがあるようですが、後から不足している部分が多く見当たってしまいそうです。

・ラ行
あなたが書類作業の際ミスを減らすためには、いい加減な形で終わらせないことが必要です。自分の中で基準を設けるのではなく、あくまで客観的な完成形を確認した上で作業することが重要になるでしょう。

情に厚い土のタイプ……ア・ヤ行

・ア行
あなたが書類作業の際ミスを減らすためには、時間をかけ過ぎないようにすることが必要です。いくらその仕事に力を注いでも、他の仕事が進むわけではありません。ほどほどのところでとどめておくことが肝要です。
ヤ行
あなたが書類作業の際ミスを減らすためには、間違っている部分を直しすぎないことが必要です。その手直しをしすぎてしまうがゆえに、全体で見るとかえっておかしくなることがありそうです。それなりにできたらそこでストップしておきましょう。

さっぱり堅実な金のタイプ……サ・ワ行

・サ行
あなたが書類作業の際ミスを減らすためには、完璧に仕上げようとしないことが必要です。妙にこだわりすぎてしまい、むしろ他の仕事に支障が出てしまいそうです。こだわるなら、短いスパンで終わらせるスキルも磨いておきましょう。

・ワ行
あなたが書類作業の際ミスを減らすためには、要点をまとめすぎないことが必要です。最終的な結果だけを書いて、プロセスを省きすぎてしまう時があるようです。言いたいことを一言で書き表すことも大切ですが、経過をきちんと整理しておきましょう。

柔軟で神秘的な水のタイプ……ハ・マ行

・ハ行
あなたが書類作業の際ミスを減らすためには、フォーマットを忘れないことが必要です。提出するにあたっての元の形を忘れてしまいがちなので、どんなものを提出する必要があるのかを随時確認しておきましょう。

・マ行
あなたが書類作業の際ミスを減らすためには、あれもこれもと書き過ぎないことが必要です。書類を進めていると、ついつい分量を増やしてしまうところがあるようです。圧縮できるところは、簡単にまとめられるようにしておきましょう。

おわりに

生まれてからずっと呼ばれ続けてきたあなたの名前。もしも一日に100回呼ばれるとしたら、一生のうちで3百万回以上は呼ばれることになります。それくらい日常的で無意識の内に「音の響き」が刷り込まれます。このコトダマ診断を活用してより楽しく素敵な毎日を送ってみてはいかがでしょうか?(草彅健太/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事