2015.12.15

去年のコスメどうしよう?いつの間にか溜まったコスメとのお別れポイント


皆さんこんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。コスメのサンプルっていつの間にか溜まりますよね。「いつか使おう」「旅行に持って行こう」そう思って取っておいたのに、使うことなく時間が過ぎたコスメのサンプルたち。ちょっとだけ使ったそのままになっているコスメも含めたら、しばらく化粧品なんて買わなくていいくらいだったりして。捨てるのはもったいないそんなコスメ。片付けの度に「・・・取っておくか」なんて迷いつつまた眠らせていませんか?捨てる理由がないものを捨てるのって難しいですが、そうやって取っておいても汚部屋になってゆくだけ。
今回は、コスメを捨てるか否かの判断ポイントをお伝えします。大掃除を迎えるこの季節、しっかり判断して汚部屋女子にならないように参考にしてみてくださいね。

◇未開封で2年程度とはいえ

化粧品は使用中に雑菌が入っても腐らないように、そして安全性等も考慮されていて、その為に薬事法で定められた防腐剤が使用されています。「化粧品は2年は使えるよ」なんて聞いたことがある人も多いはず。防腐剤が使われているからこそ、すぐに腐ったりしないわけです。でもそれは、未開封の場合、そして「正しい保存」がされていたものに限られることご存知ですか?
一度開封したものや、直射日光が当たる場所に置いておいたもの、夏の車の中に置きっぱなしにしたもの、など保存状態が悪かったものに関しては1年程度で使用をやめる方が良さそうです。

◇オーガニックコスメの盲点

最近流行りのオーガニックコスメや無添加化粧品。保存料なども使われていないので人気の商品ですよね。とはいえ、オーガニックだからこそ、無添加だからこそ、使用期間は短いのです。中には「1か月で使い切ること」と決まっているコスメもありますね。オーガニックコスメは、しばらく使わなかったものは迷わず破棄するようにしましょう。オーガニックだからこそ高価だったりしますが、チビチビ使って残しても保存がききません。オーガニックコスメは思い切って素早く使い切るようにしてみてくださいね。

◇化粧品は一度開けたら密閉にあらず

「しっかり蓋してたし、まだいけそう」とついつい思ってしまいますが、どんなにしっかり蓋を閉めても、一度開けた物は「密閉」されていません。香りや色、クリームの濃度など、最初と違う感触を感じたら迷わず捨てるべき。アイシャドーやグロスも水分が揮発して最初の艶が出ない等「破棄」のポイントを見逃さないようにしましょう。

◇おわりに

メーカーによっては明確な保存方法が指定されている場合もありますが、多くのコスメは購入者の判断で管理しています。敏感な肌だからこそ、コスメは清潔なものを使用するべき!キレイになるつもりが、自ら顔に雑菌を塗っていた・・・なんてことにならないように、コスメの整理整頓は厳しめで行ってみてくださいね。(川上あいこ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事