2015.12.18

【七曜星風水】運が良くなる!月のヒント


星のパワーを最大限に引き出して運気アップを目指す「七曜星風水」。
運が良くなるヒント、今回は「月」です。

1.月ならではのサポートとは?

「月」は太陽の光を反射し、地球の最も近くで潮の満ち干などにも力をおよぼす星。
その光が反射光であることから、女性性や感受性を表します。象徴する金属も、太陽の華やかなゴールド(金)に対して、月はシックなシルバー(銀)です。

太陽が沈んだあと、夜に光り輝いてパワーを発揮し、睡眠や夢や直感や潜在能力をつかさどり、裏面や背後からサポートしてくれる星。
そのサポートを上手く受け取り、直感を研ぎ澄ましたり潜在能力を引き出すことで、チャンスを活かしたり、運気を活性化させることができるのです。

また、恋愛でもビジネスでも勝負でも、月のサポートを受け続けることは大事。
なぜなら、たとえ力技で押し切って勝利や成功や成就しても、その状態を維持するほうが、はるかに難しいからです。

2.どうすれば、その月のサポートを受け取れるの?

海が海水という液体であることで、はっきりと潮汐が月の引力を示すように、月のサポートを受け取りやすいのは水辺です。
よく晴れて月の美しい夜に、浜辺や河原や湖畔などの水辺へ出かけ、月光浴するのが一番。
ナチュラルな月のサポートにふさわしい、天然素材の服を着て行きましょう。

それが無理なら、浴室の窓を開けて月を見ながら入浴したり、電灯を消してキャンドルの灯りで入浴しましょう。キャンドルを使う場合、色は月が象徴する白またはシルバーを選ぶと良いでしょう。入浴後は、洗い立てのコットンの下着や部屋着や寝間着など、天然素材を身につけてリラックスしてください。

月光浴も月夜の入浴もできない時は、夜を舞台にした映像を鑑賞するとGOOD。映画でも環境映像でもいいのですが、イマジネーティブで美しい映像が効果的です。
映画は、たとえば「月の輝く夜に」「月夜の恋占い」をはじめ、月夜を舞台にした心温まる映画がオススメ。環境映像の場合、たとえば夜の海でクラゲやウミガメが泳いだりサンゴが産卵するような、幻想的な映像がオススメです。

3.幼少期の思い出は月のサポートを受け取る鍵

月は、人生のステージのうち、幼少期をつかさどります。
そして、幼少期の思い出には、月のサポートを上手に受け取るための鍵が、いっぱい詰まっているのです。
とりわけ、生まれて初めての経験をはじめ、初々しい思い出を思い起こすことは重要です。
最初に海や川で泳いだり初めて魚を釣ったことなど、水辺の初体験を思い起こすと、月のサポートを受け取りやすくなります。

また、心の奥に眠っている子どものころの夢や、本当はこうしたかった…という願いも、月のサポートを受け取る鍵。
潜在能力を引き出す手がかりになるからです。

それから、幼少期に優しさに包まれり幸せを感じた記憶も、月のサポートを受け取る鍵です。
たとえば柔らかいタオルの感触とか、乳製品や甘酒の味など、五感の記憶をたどってみましょう。感受性を研ぎ澄ましたり、直観力をきたえることができ、月のサポートをすんなり受け取れるでしょう。

4.実際に運を良くするために、どうすればいいの?

月的な意味で運を良くするのは、優しさや気配りです。
相手への配慮に欠けたり、自分の都合や利益ばかり優先させていては、月のサポートは受けられません。

たとえば、相手に要求する前に、まず、自分ができることが何かないかを考えましょう。
十分に根回ししたり、相手のメリットも考えておけば、交渉や取引もスピーディに進むはずです。

恋愛をはじめ、人間関係であれば、なおさら!
相手への優しさや気配りこそが、あなたに幸せや安心をもたらす、と言っても過言ではないでしょう。
イライラして文句を言うよりも、相手のことを気づかう言葉をかけるほうが、あなたの存在価値を高めたり好感度を上げるのです。

おわりに

月的に運を良くするためには、積極的に賢く立ち回るべきだ、とお分かりいただけたでしょうか?いわゆる「女子力」を発揮するのも、月らしい賢い立ち回り方の1つです。さあ、あなたも今から月のサポートを上手に受けて、大いに運気を上げましょう!(隆速治沙/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事