2011.03.16

義援金詐欺に合わない為に気を付けたいこと

 あなたの善意が無駄にならないよう、義援金を託す所を慎重に選びましょう。それが、募金をする者の義務でもあります。

実績のある所にしか募金しないように

 今まで義援金を送った実績のある団体にだけ、あなたの善意を託しましょう。聞いたことが無い団体には、募金しないのが無難です。ピンハネする腹積もりで、義援金を集めている団体も存在します。

フィッシング詐欺に注意

 義援金を集めるという名目で、クレジットカード番号や何らかのパスワードを入力させようとするメールやサイトは、フィッシング詐欺である可能性があります。

 

 被害に合わない為には、インターネットからは募金しないようにすることです。インターネットから募金をする際は、確実な実績がある所からだけにしましょう。

急かす所には募金しない

 何月何日までに振り込まないと、義援金が被災地に届かない、などという所は、詐欺である可能性が非常に高いです。手口が振り込め詐欺と同じです。募金してはいけません。

街頭募金に注意

 街頭募金は警察に届けを出せば、誰でも出来るものです。ですから、信頼のある団体なのかどうかは分かりません。もちろん、頑張っている市民団体もあるでしょう。しかし、会計が不明瞭な団体も存在します。

 

 街頭募金でお金を入れるなら、どこに、どのような支援をするのか、目的がハッキリしている団体に。ただ、「義援金をお願いしまーす」という所は、避けた方が無難です。

ユニセフは募金活動をしていない

 国際連合児童基金(ユニセフ)は、募金活動をしていません。もし、ユニセフを名乗り、義援金を募ってきたら、十中八九、詐欺です。

 

 ユニセフとは別組織の、日本ユニセフ協会は募金活動をしています。

最も安全なのは日本赤十字社

 日本でボランティア活動の実績が最も高いのは、日本赤十字社です。ゆうちょ銀行を通じての募金と、クレジットカードを通じての募金の二種類を実施しています。

 

義援金・救援金募集 (日本赤十字社)

 

 活動報告もキチンとしてある所なので、信頼もあります。

関連記事