2015.12.26

お正月帰省で同級生男子をドキッとさせちゃう方法・4選


もうすぐお正月。普段は忙しいけれど、この時期だけは実家に帰省するという女性も多いはず。

もし同窓会や忘年会が開かれたりしたら、周りから『あの子可愛くなったな』って思われたいですよね。

そこで今回は『お正月帰省で同級生男子をドキッとさせちゃう方法』について20代男性からのアンケートをもとにまとめてみました。

1.イメチェン

「メイクや髪形で女の人って変わると思うから、見た目がきれいになっていたらドキッとする。」(20歳/大学生)

やっぱり見た目って大事!JK時代は校則で思うようにお洒落が出来なかったという人こそ、こういう同窓会ってチャンスかも。
髪を少し明るくするだけで、あか抜けた印象をもってもらえます。『この子って実はこんなに可愛かったんだ…!』と男性も意識してしまうでしょう。

ただし、やりすぎはNG。あまりにも目の周りを真っ黒にしてしまうと『ドキッ』どころか『ギョッ』とされてしまう恐れが。自分に合ったメイクや髪形を研究しておきましょう。

2.オーラ

「なんていうか楽しそうなオーラ?そういうのって顔に出ると思う。久しぶりに会って、イキイキしている同級生を見るといいなって思います。」(24歳/広告)

メイクだけでは出し切れないのが、その人の内面です。どんなに隠していても実生活が上手くいっていなかったりすると、顔に疲れが出てしまうもの。

昔を知っている同級生だからこそ、そういうオーラってなんとなく分かっちゃったりします。『最近毎日楽しいな』と感じている人は、同窓会に行っても男性から気にとめてもらえる可能性が高そうです。

また毎日が充実できるように、自分から積極的に物事を楽しんでおくことが必要なのかもしれませんね。

3.男慣れ

「学生時代はシャイで男子と話すこともできなかった子が、同窓会でボディタッチとかしているところを見ると、『上京先で何があったんだろう…』とちょっとドキドキしてしまいます。」(21歳/大学生)

もちろんこれもあからさまに男子ウケを狙っていくのはNG。
男子とあまりしゃべれなかった子が、時を経て普通に男子と会話をしていたりすると、なんだか気になってしまうようです。

『実はこんなに面白い子だったんだ~』などと意気投合し、そのままカップルに…なんてこともありえるかもしれません。
学生時代に好きだった男子がいたら、自分から彼に話しかけてみましょう!

4.右手薬指に指輪

「左手薬指だとあからさま。右手薬指だと『彼氏いるの?どっち?』ってなる。男は指輪あんまりつけないから、余計そう思うのかな。」(23歳/製造業)

左手薬指の指輪は『彼氏いるんで連絡先交換とか無理ですよ』と言っているようなもの。

だけど右手薬指の指輪だと、『お洒落なのかな?それともペアリング?』と男性は気になってしまうんだとか。
彼の印象にも残りやすそうですよね。簡単な方法なので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

おわりに

滅多に会うことができない地元の同級生だからこそ、念入りに準備をして挑みたいですよね。

今年のお正月、勝負をかけて気になる彼をゲットしていきましょう!(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事