2011.03.17

はやく作れてふっくらおいしい♪省エネにもなる! ガスコンロでご飯を炊く方法

 省エネにもなりますので、覚えておいて損はありません。電子ジャーで炊くより、早く、ふっくら炊き上がります。

分量

 お米一合に対し、お水は1カップ(200ミリリットル)です。ただ、お米に十分に水を吸わせているという前提の分量です。夏場なら20分、冬場なら60分、お米を水に浸しておきましょう。

 圧手の鍋で炊いていきます。薄手の鍋は焦げ付いてしまいます。土鍋や専用の鍋がベスト。

 

土鍋のおこげは美味しいですよ。

コンロにかける

 沸騰するまで、中強火にかけます。3合だと、およそ10~15分で沸騰します。沸騰したら、フタをしたまま弱火にし、5分ほど炊きます。

 

蒸らす

 弱火にかけ、5分経ったら、フタを取り、お米の表面の水分を見ます。ほとんど、水分が無いようなら、火を止め、10分、蒸らします。これで出来上がりです。

大量に炊くなら

 沸騰したお湯の中に、十分に水を吸わしたお米を入れます。水の分量は変わりません。ただ、お湯にするまでに蒸発するので、少し多めに鍋に入れておくと失敗は少ないです。

 

 お米を鍋に入れたら、しゃもじなどで、お米の間にお湯が浸透するように、底からざくざくとかき混ぜます。かき混ぜながら、再び沸騰してくるのを待ちます。

 

湯気で火傷をしないよう、気を付けてください。


 沸騰したら、フタをして、弱火にかけ、水分がなくなるのを待ち、なくなったら蒸らして出来上がり。

関連記事