2015.12.18

失恋の痛みを癒して次の恋へ!カラーと料理のパワーで生まれ変わる風水レシピ


誰かを愛した時、その人の毎日は相手のことでいっぱいになります。いつも相手のことを考え、まるで一緒に存在するかのようにひとつになっていきます。そんな関係が急に目の前から消えてしまうと、とてつもない喪失感に苛まれますよね。ある研究によると、恋愛で拒絶を経験するとある種の薬物中毒状態に陥るとしたデータがあるほどです。失恋が原因でストーカー行為やうつ状態が高い確率で起こるのもうなずけますよね。そこで、今回は失恋の痛みを癒し、新たな一歩を踏み出すための風水レシピをご紹介致します。

調和のテーマ:陰カラー グレーの力

グレーはほかの色との強調性が高く、どんな色にも馴染んでくれるカラーです。自己主張せずに周囲の色を引き立てる、まさに名脇役とも言える調和色。控えめですが上品さを感じさせる効果があります。この色を身につけることで、自分の心の痛みや罪悪感を癒し、過去の出来事を受け入れやすくしてくれるでしょう。失恋の痛みは、まず自分が受け入れ態勢を作ることがスタート。そこで、受容するカラー・グレーを取り入れると良いでしょう。

積極性のテーマ:陽カラー 緑の力

緑色は安心感や安定感、調和を表す色です。木や森などの自然の色でもあるので、気持ちを穏やかにして心をリラックスさせてくれます。黄色と青色の混合色なので、両方のイメージを二つ持ちますが、控えめな色なので他の色ともバランスが取れるでしょう。鎮静作用があるカラーなので、心に沈むヘドロのような憎しみを取り除き、健全に女性性を放出することができるように。この色を取り入れることで、フレッシュな気持ちで新たな一歩を踏み出せるはずです。

生まれ変わるための風水レシピ

それでは、色の持つ力を分かって頂いた上で、カラーのパワーを活かして、グレー×緑色(失恋の痛みを取り除き、健全な女性性を活かすための)風水レシピをご紹介致します。グレーと緑色のカラーを直接料理として身体に取り入れることで、視覚だけでなく体内からも色のパワーを吸収することができるのです。

●蕎麦の青柚子つゆがけ(1人分…390Kal)

青柚子の果皮は柑橘類の中でも、とくにビタミンCの含有量が多く、独特の香りと風味を生かす為にもおろし金で皮をすりおろして頂く事をお勧めします。

・材料(2人分)
乾蕎麦…200g
青柚子…1個
白ごま…大2

A
だし汁…200cc
薄口醤油、みりん…各大2
こしょう、七味唐辛子…各少々

・作り方
1.青柚子は皮をすり、身は絞りAに混ぜる。
2.乾蕎麦は茹でて、冷水にさらし、白ごまをふる。
3.1を添える。

次の恋に踏み出すための風水アクション

過去の異性関係によるトラウマで男性不信になっている場合、風水として有効なアクションは、浄化のカラー「白」を自分の部屋に取り入れてみて。次の恋に向けてトラウマを乗り越えるには、白いカーテンや白いシーツを取り入れると良いでしょう。落ち込んでいた心も少しずつポジティブな方向へ。また、カーテンやシーツはこまめに洗濯をして、清潔な状態を保つようにしておきましょう。

おわりに

風水と料理に共通するのは、「自分も他人も幸せにする」ためのものであること。一度の失恋のために、自分の女性性を解放できないのはもったいないこと。あなたの個性はあなただけのものなのです。本来、誰もが輝ける才能を持っています。身体と心のバランスを整えて執着を捨て、自分は幸せになる権利があるのだと感じられるようになれば、人生は半分上手くいったようなものです。一歩踏み出すことで、きっと幸せに向かえるはずです。(脇田尚揮/ライター・料理研究家HITOMI/監修)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事