2015.12.27

歳の差恋愛をする前に!あらかじめ注意しておきたい4つのポイント


最近では歳の差恋愛も普通になってきましたよね。10歳~15歳くらい離れている彼とお付き合いしている人もいるかもしれません。

でも、ハウコレ読者の年齢層から考えてみると、10歳~15歳上って結構複雑な年齢。

そこで今回は『歳の差恋愛をする前に、あらかじめ注意しておきたい4つのポイント』について20代女性にアンケートを取ってきました。

1.相手に奥さんや子どもはいないか

「独身だと思っていた彼に実は奥さんと子どもがいたことがある。」(24歳/カフェ店員)

まず一番大切になって来るのは相手が既婚者か独身か、ということです。指輪していないから安易に『独身なんだな』と考えるのは危険でしょう。
仕事などの関係で普段は指輪を外している…なんてことも考えられますからね。

また彼がバツイチだったとしても、子どもに養育費を払っているというケースも考えられます。
彼の身の回りの情報は、付き合う前に知っておいた方が良いでしょう。

2.ジェネレーションギャップ

「昔17歳上の人と付き合ったことがあるけれど、あまり話が噛み合わなかった。」(25歳/エステサロン)

「13歳上の彼とカラオケに行ったときに、お互いの歌が全く分からなかったときは『あぁ世代が違うんだなぁ…』と痛感した。」(26歳/受付)

歳の差がある彼と付き合う以上、ジェネレーションギャップがあることは理解しておいたほうが良いでしょう。

でもこちらは愛があれば乗り越えられそうな気がします。お互いに歩みよる心が大切になってきそうですね。

3.年上に過度な『大人』を求めない

「同年代の男性が子どもっぽく感じで歳の差恋愛をしてみたけど、必ずしも年上だからと言って大人ではなかった。」(27歳/アパレル)

確かに年上の男性の方が人生経験豊富で、色んな知識を持っていることが多いでしょう。

だからといって、完璧な大人かと言われるとそうでもないはず。彼も人間なのですから間違えることだってあるし、彼女に甘えたいときだってあります。
年上だからと言って、彼に過度な期待をすることはやめましょう。

4.二人の結婚観について

「私の彼は42歳なんですが、最近結婚話を振ってみたところ『俺は一生結婚する気がない』と言われた。今までの時間は何だったんだとショックを受けています。」(28歳/金融)

40代くらいになってくると、『結婚はしたくないけど、若い子と遊びたい』という考えの人も稀にいます。

また一回結婚を経験したバツイチの彼だったりすると、『結婚はもうコリゴリ』なんて考えている場合も。結婚を視野に入れている20代女性にしてみたら、これは死活問題ですよね。

彼と付き合う前に、ある程度お互いの結婚観については話し合っておいた方が良さそうです。

おわりに

いかがでしたか?
やはり歳の差ならではのものが多かったですよね。
特に1,4は付き合ってから『こんなはずじゃなかった』を避けるためにも、あらかじめ彼の口から直接聞いておきましょう。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事