いよいよ2016年!新年でリフレッシュすべき恋の特徴・4つ



2015年の恋愛はいかがでしたか?恋愛が上手くいっていれば問題なく新年のスタートを切ることができますが、不満が残っている状態だと、年が明けてもモヤモヤが残ってしまうかもしれませんね。

そんなあなたに新年でリフレッシュすべき恋の特徴についてお伝えします。
あなたの気持ちをリフレッシュすることで、恋の新たな展開が望める可能性もありますよ。

1.ダラダラと続けていたセフレとの関係

「何となく関係を持ってしまった彼がいて、なかなか完全に縁を切ることができなかったんだけど、新年を迎えた瞬間に“このままじゃ嫌”と思って、彼の連絡先を全部削除&拒否。
そしたら、新年早々、友だちから素敵な人を紹介してもらえることになり、うれしい展開に…」(28歳/受付)

一度、セフレになってしまうと情が移ってきて、関係を切るのが難しくなってしまうものです。

しかし、新年を迎えるタイミングでセフレとのスパっと切れば、新たな縁を迎えることができるでしょう。

セフレと割り切って付き合える人ならいいのですが、割り切れないタイプだと、辛くなる一方ですからね。

2.友達以上恋人未満の彼

「ずっと仲が良い男友だちと良いムードではあったんだけど、どちらもちゃんと想いを伝えていなくて、中途半端な関係に甘んじてしまっていた。
けど、年明けに気持ちを伝えることを決意して、彼と初詣に行った後、告白したら上手くいって、新年からとってもハッピーな気持ちになれた」(24歳/専門学校)

友達以上恋人未満の関係を続けている人は、関係性をはっきりさせるためにも、彼に想いを伝えてみるといいかもしれませんね。

良いムードになっている時点で上手くいく可能性は高いですし、新年から彼ができれば、幸先の良いスタートとなるはず。

3.たまに音信不通になる彼氏

「付き合っているはずなのに、平気で1ヶ月以上連絡が急に途絶えてしまう彼氏がいて、悩みまくっていたことがあった。
そんな彼との関係を新年からは変えたいと思い、彼を呼び出して、素直に“音信不通はいや”と伝えたところ、その年から彼がちゃんと連絡をくれるようになった」(25歳/営業事務)

音信不通になりがちな彼がいる女子は、彼と一度話し合ってみるといいでしょう。不満を抱えた状態で、彼と交際を続けてもいつか爆発してしまいます。

そうなる前に素直な気持ちを彼に伝えれば、白黒つけることができるでしょう。そこでたとえ恋を失うことになったとしても、素直になったぶん、後悔しないはずですよ。

4.長い片思い

「以前、勤めていた会社でずっと片思いしている相手がいて、告白してフラれたんだけど、未練が残ってしまっていた。
だけど、新年に入ってからも片思いを続けるなんて、耐えられないと思って、彼を忘れる努力をはじめたら、自然と新しい出会いも増えてきて、素敵な彼もできた」(32歳/外資系金融)

長い片思いをしていて、その恋を続けることが辛いようなら、新年を良い機会として、思い切って恋にピリオドを打つことも大切です。

一時的にもっと辛くなってしまうかもしれませんが、少しずつその恋から解放されていき、やがて新たな彼ともっと素敵な恋ができるようになりますよ。

さいごに

新年は恋をリフレッシュするのにも最適な時期だと言えるでしょう。より充実した年を過ごすためにも、いまの恋をじっくりと見つめ直してみてくださいね。

きっと、その恋をこの先どうすれば良いのかが見えてきますよ。(羽音/ライター)

(ハウコレ編集部)