仕事の進捗確認、どんな一言をかけたらいい?名前の最初の文字でわかるコトダマ診断



名前の最初の一文字には音韻のパワーが込められています。ア行~ワ行の10のタイプに分類される音の響きであなたの全てが分かります。そこで今回は、音の響きを活用して性格を分類する「コトダマ診断」にて、「仕事の進み具合を確認するとき、どんな一言をかけたらよいか」をご紹介いたします。
(例)タイプの見つけ方:もし涼子なら…最初の一文字は「り」⇒ラ行タイプ

素直な木のタイプ……カ・タ行

・相手がカ行の場合
このタイプの人には「○○の件、何かお手伝いできることはありますか?」と声をかけてみましょう。人からの手助けは素直に受け入れる人なので、困ったことが起きていればそこで答えてくれるでしょう。困っていなければ、目的の案件について確認してみましょう。

・相手がタ行の場合
このタイプの人には「○○の件、確認したいことがあったんですけど、もう終わらせちゃいました?」と声をかけてみましょう。プライドが高い人なので、まだ出来ていないことを前提に話すと嫌がります。まだ連絡をもらっていない体で話しかけてみましょう。

エネルギッシュな火のタイプ……ナ・ラ行

・相手がナ行の場合
このタイプの人には「○○の件、あなた以外に任せられなかったんですよね」と声をかけてみましょう。能力はありますが気分屋なところがあるので、まずは気分をよくしてあげましょう。その上で現状確認をすれば、喜んで話をしてくれるはずです。

・相手がラ行の場合
このタイプの人には「○○の件、面倒じゃないですか?」と声をかけてみましょう。行動力はあるものの、飽き性な一面がある人。もうひと頑張りしてもらうためにも、まずは相手に共感を示してみましょう。

情に厚い土のタイプ……ア・ヤ行

・相手がア行の場合
このタイプの人には「○○の件、途中でいいから一回あげてほしいそうで……」と声をかけてみましょう。じっくりと時間をかけたいタイプなので、いつまでも終わらない可能性があります。ただ、困っている様子を見せれば協力してくれるでしょう。

・相手がヤ行の場合
このタイプの人には「○○の件、なにかトラブルとか起きてません?」と声をかけてみましょう。基本的に仕事については信頼が置ける人ですが、突発的なハプニングにあたふたしがち。先んじてなにか起きていないかを確認しておくと良いでしょう。

さっぱり堅実な金のタイプ……サ・ワ行

・相手がサ行の場合
このタイプの人には「○○の件、確認をお願いします」と声をかけてみましょう。仕事はあくまでこなすものと割り切っていますから、妙にご機嫌取りをする必要はありません。ストレートに聞いてしまう方が、お互いに問題なく進捗確認できるでしょう。

・相手がワ行の場合
このタイプの人には「○○の件、××さんならすぐ終わらせていますよね!」と声をかけてみましょう。意外と気が短いので、ひとつの件に長く関わりたくはないようです。また命令も嫌いなので、期待されている感を出すと応えてくれるでしょう。

柔軟で神秘的な水のタイプ……ハ・マ行

・相手がハ行の場合
このタイプの人には「○○の件、日程厳しいんだけど無理かな?」と声をかけてみましょう。困難が襲いかかってくると途端にやる気を見せだすタイプなので、下手に応援するよりも、無理だろうという前提で声を掛けたほうが効果的です。

・相手がマ行の場合
このタイプの人には「○○の件、うまくいくと私も助かるんだよね」と声をかけてみましょう。人を応援したり助けることに心動かされるタイプなので、助けて欲しい雰囲気を出してみると良いでしょう。甘えるというよりも、困っているの方が良いかもしれません。

おわりに

生まれてからずっと呼ばれ続けてきたあなたの名前。もしも一日に100回呼ばれるとしたら、一生のうちで3百万回以上は呼ばれることになります。それくらい日常的で無意識の内に「音の響き」が刷り込まれます。このコトダマ診断を活用してより楽しく素敵な毎日を送ってみてはいかがでしょうか?(草彅健太/ライター)

(ハウコレ編集部)