2011.03.18

「AntiVir」を使って・・・利用料を一切かけずにウイルスを高い確率で検出・駆除する方法

ウイルス対策ソフトは毎年のバージョンアップが不可欠で、その費用はバカになりません。しかしウイルスに感染したのかは見えにくいもので、その効果が十分であるのかどうかすら分かりません。

その一方で、ユーザーから高い関心を集めているのがフリーソフトです。更新料などは不要ですが、最新のパターンファイルを取得し、既知のウイルスのほか、新たに派生した亜種などのウイルスも検知することが可能です。

こうした便利なフリーツールの中でも、検知率で優れているのが「AntiVir」です。アンチウイルス機能だけ備える無料版の「AntiVir Personal Editon Classic」と、スパイウェアやアドウェアも検知する有料版「AntiVir Personal Edition Premium」がありますが、無料版だけ使用してもその効果は十分といえるでしょう。

海外のソフトだが日本語パッチが配布されています。使い方もシンプルなので簡単に利用できることでしょう。

ここではAntiVirの主な機能を紹介していきます。

ダウンロードしよう

AntiVirは以下のURLよりダウンロード可能です。
URL:http://www.free-av.com/

インストールしよう

インストールは2通りから選択できます。カスタムで必要な機能のみをインストールするか、コンプリートですべての機能をインストールするかを指定できます。

スキャニングを実施しよう

スキャン機能は他のウイルス対策ソフトと同じです。スキャン後、ウイルスを検知した場合はメッセージが表示されます。

リポートを表示しよう

スキャニング結果はテキストとして表示されます。これをまとめて保存することも可能です。

メインウィンドウを確認しよう

メインウィンドウはタブ別に作業内容が分かれています。

「Status」をクリックすると、システムスキャンやアップデートなどを実施できます。

 

 

アップデートをチェックしよう

アップデートは別ウィンドウが立ち上がって確認できます。ウイルス対策ソフトは最新の状態にしておくことが大切ですので、マメに確認してアップデートしておきましょう。

Scannerを実施しよう

ハードディスクやフォルダ別にスキャンを実施できます。怪しいファイルを大量にダウンロードした後などは、ダウンロードフォルダに対して実施すると効果的です。

 

Guardを実施しよう

パソコンでの操作を監視します。ファイルの読み書き時にウイルスをリアルタイムで検知できます。

Quarantineを実施しよう

検出したウイルスを一時的に隔離します。これらを一斉削除することができ、問題がないファイルなら元の保存場所に納め直すことも可能です。

Configurationをチェックしよう

メニューバーにある「Extras」から「Configuration」をクリックします。スキャンの内容やモードを自在に変更できます。

Schedulerを設定しよう

「Scheduler」をクリックします。スキャン実施時間などのスケジュールを設定できます。

 

関連記事