陰陽五行でモテ女子に!オーラを整え魅力を高める恋愛レシピ 春生まれ編



陰陽五行は2つの考え方と5つのエレメントで説明されます。「陰・陽」は、女性(陰)と男性(陽)がそうであるように、お互いを支え合っている存在です。このバランスがものごとの調和を保つものとするのが「陰・陽」の考え方です。そして五行は木「春」・火「夏」・土「季節の変わり目」・金「秋」・水「冬」の5種で自然現象の四季変化を観察し抽象化されたもの。その思想に根ざして、オーラのバランスを整えるための恋愛レシピをご紹介。今回は木「春生まれ」(2月4日~4月17日)の人に向けての魅力UPレシピを伝授しちゃいます!

春生まれ(2月4日~4月17日)の人の魅力

春の息吹のようにフレッシュなしなやかさが特徴のあなた。美しい黒髪に艶のある瞳が魅力的でしょう。萌え出る草花のように柔らかく、生き生きとした魅力あふれるタイプと言えるでしょう。さわやかな印象で相手の心を掴み、魅了するはず。若い時はわりとスリムで白い肌の人も多いでしょう。肝臓・胆嚢の機能が強いので、前向きでハツラツとしている姿勢が、いつまでも若々しさを感じさせる人と言えます。

春生まれ(2月4日~4月17日)の人の魅力を高めるおむすびレシピ

青白く痩せている人が多い春生まれは、綺麗な肉付きを意識して、安定した女性らしい身体に変身させましょう。脾臓と胃の働きを高めて消化吸収力をアップさせることが重要。痩せ気味、顔色が悪い、元気がない、ふらつく、下しやすい、食後もたれる等を改善して、綺麗な肢体に変えて、安定感のある美しさをプラスしてみましょう。そこで今回は手軽に土のエネルギーを高め、しっとりした美しさをもたらすおむすびレシピをご紹介致します。

春生まれ(2月4日~4月17日)の人の開運「五行おむすび」レシピ

しっとりした魅力を高めるおむすびレシピ

鮭と春菊のむすび
・材料
塩鮭…1切れ
春菊…1/4束
炊き立てご飯…茶碗2杯分
塩…少々
ごま油…小1/2

・作り方
1.鮭は焼いて細くほぐす。
2.春菊は細かく刻んでザルに取って塩でもみ、ごま油を混ぜる。
3.炊きたてご飯に、1、2を混ぜて三角にむすぶ。

開運「五行おむすび」レシピがもたらす効果

このおむすびレシピを、不足しがちな「土のエネルギー」を高めたい時に食してみて下さい。春生まれの「土」のエネルギーが不足しやすい症状を緩和する食材としては、牛肉、砂肝、羊肉などの脂身が少ない肉類、あじ、いわし、さんまなどの青魚に、さけ、たいなどの白身魚、ブロッコリー、さといも、しゅんぎく、かぼちゃなどの野菜類、その他りんご、ぶどう、いちじく、小麦、そばなどが効果的。弱い土のエネルギーを高めるには、自然の甘味や食物繊維のあるものを食する事がポイント。ゆるめる作用があるため身体を補い、陰の気を養うことで健康になれるはず。あなたの持つ安心感が発揮され、愛する人に魅力が伝わるでしょう。

おわりに

中国古来の文献には、食べ物の持つ属性が陰陽五行の観点から人体に与える影響について書かれています。薬膳料理などが「身体で弱い部分は、食べて補う」という発想なのと同じということですね。易学研究で有名な陳怡魁(ちんいかい)先生もこの点に注目し、色の重要性を説いているとされます。自分の持つ性質から、自分に必要な栄養を取り入れる、この「開運レシピ」。どうぞ日々の食生活の中に取り入れてみて下さいね。(脇田尚揮/ライター・監修/料理研究家HITOMI)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード