美肌温泉に入ったのになぜ?旅行中に起きやすい「オバさんハンド」の回避ポイント



皆さんこんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。いつもはキレイな手をしているのに「あれ?なんか今月手荒れがひどいですね!」ということが度々あるお客様の手。そんな時多い答えが「なんか旅行行ったら荒れちゃったんですよね。」という一言!そう、なぜか旅行後って手荒れしやすいのです。
「しっかり美肌温泉入って来たのになぁ?」と疑問に思う方も多い、旅行後の手荒れ。シワシワかさかさ潤いのなくなった手を見つめてがっかり・・・
今回は、旅行に行くなら気を付けて欲しい手荒れのポイントをお伝えします。
毎日丁寧にケアしていても、ほんの数日で荒れてしまう「手」。年末年始に旅行に行く方は要注意です。

◇スーツケースの罠

旅行には必須のスーツケースや旅行かばん。けっこうな固さでけっこうな重さでもあって、肩に食い込んじゃうことも多いですよね。電車やバスの時間で急いで引きずったり、力任せに掴んで動き出したりと、実は旅行中って思ったよりも手を酷使しています。思いっきりスーツケースを掴んだら爪が当たって割れてしまったり、何度も固いカバンをガサゴソして皮膚がスレてしまったり、手荒れの原因が多くなります。なるべくなら、手袋をして扱いたいスーツケースや旅行かばん。手袋がない時は、ハンカチや洋服の袖で包んで取っ手を持つと手への衝撃が減らせます。

◇温泉に入った後は?

温泉って旅行の醍醐味ですよね。景色のいい中で入る大きなお風呂は格別です。露天風呂だったりすると、顔が涼しいせいかいつもより長く湯船に浸かったりして、しっかり汗かいてデトックス。温泉成分で肌もつやつや~♪と嬉しくなる瞬間でもありますが、ちょっと待った!汗をかいた後の水分補給がビールだけになっていませんか?何度も温泉に入ることで、美肌成分が肌に浸透した安心感で、いつものスキンケアが手抜きになってしまったら台無し。お湯から出ると水分の蒸発は加速していくので、化粧水やクリームでの保湿はしっかりしておきましょう。もちろん、それは手も同じ。いつもの倍はお風呂に入るからこそしっかり保湿も忘れちゃいけません。

◇水が合わない

海外に行った方で一番多いのがコレ。「水が合わなかった」。肌も髪も爪もバリバリになってしまったり、体調も崩してしまったり、旅行中の水が合わないとガッカリ感が大きいですね。
こうなってしまったら、荒れた爪は切ってしまう方が吉です。手荒れ肌荒れがひどい場合は、自己判断せずに皮膚科で相談してみましょう。

◇おわりに

なるべく荷物を減らしたい旅行ですが、基礎化粧品はちょっといいものを持って行くことがおすすめ。美肌温泉に入って、肌にいいおいしい物を食べるからこそしっかり肌に蓋をしてあげないと、帰ってきてからの荒れた肌にびっくりすることになります。現地でシートパックを購入したり、天然成分のお試しコスメを買うのも旅の楽しみですよね。普段より働く手や、普段よりお湯に浸かる肌の為にスペシャルケアで労わってあげてください。(川上あいこ/ライター)

(ハウコレ編集部)