2011.03.18

自宅PCなどで登録したお気に入り情報を、また別のPCに登録する方法

気になるWebサイトはブラウザのお気に入りに登録して、簡単に呼び出せるようにしているはずです。しかしこのお気に入り。そのPC環境でしか一般的には利用できず、他のPCに、登録済みのお気に入りを適用するのは別途設定などが必要となります。

多くのブラウザがこうしたお気に入り情報をやり取りできるようにと、お気に入りリストの抽出が可能となっています。これを「エクスポート」と呼びます。

このエクスポートしたファイルを読み込む(インポート)することも簡単にできます。

エクスポート/インポートにより、自宅で登録したお気に入りリストを会社のPCにも適用できるようになります。

異なるブラウザであっても、エクスポートとして出力したファイルはhtml形式であるのが一般的で、多くのブラウザがこのファイルを読み込み、自身のお気に入りとして利用できるようになっています。

使用する環境別に異なっていたお気に入りを統一し、より便利なWeb閲覧環境を構築したいものです。

そこでここではブラウザを使い、エクスポートしたお気に入りファイルを読み込む方法を紹介します。

 

インポート用ウィザードを開こう

ブラウザ(ここではInternetExplorerを使用します)を起動し、「ファイル」から「インポートおよびエクスポート」をクリックします。

インポートを選択しよう

「インポート/エクスポート設定」の画面にて「ファイルからインポートする」を選択して「次へ」をクリックします。

インポートする種類を選択しよう

お気に入りのリストを読み込む場合、「お気に入り」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

 

エクスポートファイルにお気に入り以外の情報がある場合、それらを読み込むことも可能です。

 

読み込むインポートファイルを指定しよう

インポートしたいブックマーク用ファイルを指定します。エクスポートしたファイルを選択し、「次へ」をクリックします。

 

登録先を指定しよう

インポートするお気に入りリストをどこに登録するのか指定します。フォルダを作成し、その中に全リストを登録することも可能です。

インポートを完了しよう

指定した先にお気に入りのリストが追加されればインポート完了です。よほどのリスト数出ない限り、数秒でお気に入りのインポートは完了します。

関連記事