年明け破局もありえちゃう!?大晦日にやっちゃいけないNG行動・4選



クリスマスが終わって一週間経ったら、あっという間に今年も終わってしまいますね。いよいよ2015年最後の一日、大晦日がやってきます。
『いつもはケンカばかりだけど今年最後の日くらい、彼とはラブラブでいたいなぁ…』という女性も多いのではないでしょうか。

しかし、『大晦日だからこそ』やってはいけないNG言動もあるんだとか。
そこで今回は『年明け破局もありえちゃう!?大晦日にやっちゃいけないNG行動』について20代男性からのアンケートをもとにまとめてみました。

1.12時前に就寝

「彼女が実家に帰っていてLINEをしていたんですが、深夜11時半くらいでLINEが来なくなった。
どうやら寝てしまったらしいんですが、なんか気持ちがモヤモヤしました。」(25歳/営業)

新年を迎える瞬間は、彼と『あけましておめでとう』と言えるようにしておきましょう。
普段は早く就寝してしまうという人も、この日だけは12時まで頑張って起きていた方が良さそうです。

もしあなたが先に寝てしまったら、彼も『せっかく年が変わる瞬間なのにな…』とがっかりしてしまうかもしれません。

2.謎のパーティーに参加

「俺に内緒でチャラい先輩に誘われたホテルでのカウントダウンパーティーに行っていた時はドン引きした。
だってパーティーとはいえ夜中だしね…何してるのか分からないし。いい気分はしない。」(22歳/大学生)

ホテルやクラブでカウントダウンパーティーを主催している人もいます。彼に内緒でコソコソ参加をしていると『なにかやましいことでもあるんじゃないの…?』と彼に疑われてしまうかもしれません。

年明け破局を避けるためにも、もしパーティーに参加したい場合は事前に彼の了承を得るようにしましょう。

3.ベロベロに酔っぱらうまで飲む

「去年彼女と一緒に年越しをしたんだけど、年が明ける前から彼女が飲みまくってベロベロに酔っぱらっていた。
結局年越しの記憶はないらしいし、元旦は二日酔いで初詣にも行けなかった。」(26歳/金融)

結局この彼は彼女との価値観の違いを感じ、三日後には別れてしまったそう。普段仕事が忙しくて、なかなか思うようにお酒が飲めないという人もいるかもしれません。

例えお正月の長期休暇だとしても、記憶がなくなるまでお酒を飲むのはやめましょう。彼も『え…こんなアルコール年越し望んでないんだけど…』と引いてしまうかも。
年越しの雰囲気を味わいつつ、お酒はたしなむ程度にとどめておきましょう。

4.無理やり彼氏の家族に入り込む

「俺が実家暮らしなのを知っていながら、『年越しは一緒にいたい!』と無理やり家にきた彼女。
両親も俺の兄弟もかなり気を使っていて、俺が申し訳ない気分になった。」(20歳/大学生)

年末年始は家族と過ごすという人も多いはず。そこに呼ばれてもいないのに、無理やり入ろうとするのはかなりの迷惑行為。彼だけでなく、その家族からも嫌われること間違いなしです。

どうしても年越しは彼と一緒に過ごしたいのなら、自分の家に誘うかホテルなどに宿泊することを彼に提案してみましょう。

おわりに

いかがでしたか?
どうしても避けたい『年明け破局』。

気持ちよく新年を迎えるためにも、いつも以上に相手の気持ちに立って行動することが大切かもしれませんね。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)