2015.12.31

これで今年も一年安泰!?彼氏に送ると喜ばれる『あけおめLINE』5選


年賀状を送ることが少なくなった分、あけおめメールやあけおめLINEって重要ですよね。今年一発目に送るあけおめLINE、せっかくなら彼に喜んでほしくないですか?

そこで今回は『彼氏に送ると喜ばれるあけおめLINE』について10代~20代男性からのアンケート結果をもとにまとめてみました。

1.12時ピッタリに送信

「ずっとスタンバイして待っていてくれたのかな~って思うから、12時ピッタリにLINEが来るのは嬉しい!」(20歳/大学生)

12時ジャストにあけおめLINEを送るのって一人にしかできないですからね。

色んな人に送ることが分かっているからこそ、彼も『自分が一番なんだ』と思って嬉しくなってしまうはず。慌てないように前もって文面を考えておきましょう!

2.『今年も一緒にいようね』

「ベタだけど『今年も一緒にいようね』とか書いてあると、本当に俺のこと好きでいてくれてるんだなと思えて幸せな気持ちになる。」(19歳/専門学生)

『今年もよろしくね』だけだとちょっと味気ない感じがしますが、『一緒にいようね』という文面に変えるだけで、他の人とは違う特別感が出ます。

彼も『もちろん一緒にいるよ!』と嬉しくなってしまうこと間違いなしです。

3.スタンプや絵文字でデコレーション

「普段スタンプとかで会話をスルーされると嫌な気分になるけど、あけおめLINEなら大歓迎。
むしろ文字だけのシンプルなやつより、絵文字とか使われている方が読みやすい気がする。」(21歳/フリーター)

いつもは『スタンプや絵文字がちょっとイライラする…』という男性も、この日はむしろ嬉しい!という声が挙がりました。

新年なのですから、LINEも明るい色使いにした方がいいのかもしれません。お正月らしい可愛いスタンプをダウンロードしておきましょう。

4.体調を気遣った文面がある

「あけましておめでとうってLINEがくるのももちろん嬉しいんだけど、さらに『寒いけど体調はどう?』とか書いてあるとグッとくる。
『やっぱり俺の彼女は最高だ!』ってなりますね(笑)」(24歳/営業)

あけおめLINEとかってどうしても定型文になりがち。

そこに一言『寒いけど風邪とか引いてない?』と一言添えるだけで、彼も『俺のこと心配してくれているんだな』と嬉しくなってしまうそう。ぜひ来年のあけおめLINEに取り入れておきたいところですね。

5.可愛い『今年初自撮り』をお披露目

「去年『今年初自撮り~』っていって、彼女の可愛い写真が添付されてた時は萌えたな。今年もやってくれないかな。」(23歳/IT関係)

こちらは彼女の特権ですね。彼も何だかんだ言いつつ、ちゃっかり保存しているはず。年越しの瞬間に会えない分、可愛い自撮りで彼を癒してしまいましょう。

おわりに

いかがでしたか?
たかが『あけおめLINE』とあなどってはいけません!
これら5つを全部駆使すれば、きっと最強の『あけおめLINE』がつくれるでしょう。
『可愛いスタンプないかな~』など、今から少しずつ準備していきましょう!(和/ライター)

(ハウコレ編集部)
(島村遥/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事