2016.01.02

あいさつで胸キュン!?男子への「おつかれ」にプラスアルファでしたいテク・5つ


みなさんも、普段から男子とすれ違ったときには「おつかれ〜」というあいさつを交わすことが多いと思います。

しかし、みなさんも感じている通り、この「おつかれ〜」には全く感情がこもっていないので、相手をねぎらう気持ちは全く伝わりません。
どうでもいい男子にならこれでいいですが、みなさんが気になる男子にこれをするのは、少しもったいないです。

せっかく気になる男子に「おつかれ〜」を言うなら、プラスアルファでもう一つ何かを入れて、しっかりと心が通ったあいさつにしたいですね。

ということで今回は、20代男子30人に「本当に心に染みる女子の『おつかれ』の言い方」について聞いてみました。

1.ボディタッチ

「『おつかれ〜』って言ってさりげなく肩に手をポンって置いてくれたりする女子にはすごくドキッとしてしまう」(営業/23歳)

うん、たしかにこれはすごくいいと思います。ただの「おつかれ〜」では何も心に残りませんが、こうやって身体に触れておくことであなたの印象もグッとアップして、男子の心に残りやすくなります。

2人で「おつかれ〜」をするときにはいつもハイタッチをしたり、こういう「決まりごと」みたいなのがあるといいですよね。

2.「今日どうだった?」

「ただ単に『おつかれ』って言うだけじゃなくて、実際に『今日はどんなだった?』って具体的に聞いてくれる子はすごく好印象」(大学生/22歳)

こうやって少し突っ込んで質問してあげるだけで、「この子は本当に俺のことを気遣ってくれているんだな」というのが伝わっていいと思いますね。

人に話を聞いてもらえるだけでも疲れは取れるものですから、このタイミングで男子の愚痴なども聞いてあげたら最高です。

3.「癒やして〜!」

「すれ違ったとき『もう疲れたよー。助けてー』みたいに弱音吐いてくる感じの女子はかわいいと思う。ご飯でも誘ってあげたくなるよね」(金融/26歳)

逆に、あなたの方が男子に弱音を吐くというのでもいいと思います。頼られ好きな男子も多いですからね。

4.「顔疲れてるよ、大丈夫?」

「顔とかオーラに現れてる疲労感とかをしっかりと感じ取ってくれてる子は、『俺のことよく見てるな』って思います」(SE/24歳)

これも非常に温かい気遣いを感じるセリフですね。
肩をマッサージしてあげたときに「すごい凝ってるよ」とか心配されるのが男子は嬉しかったりするのですが、こういう自分の変化に気づいてもらえるのは、すごく嬉しいことなんですよね。

5.ハグ

「ガチじゃないけど、軽く身体が触れ合う程度にハグをしてくる女子がいるけど、あれは癒やしだし、油断すると好きになりそう」(デザイナー/27歳)

これはボディタッチの進化版ですね。欧米風なあいさつな感じで、かる~くハグっぽい感じで男子と身体をくっつけあうようなあいさつですね。

少し勇気はいるかもしれませんが、仲がいい男子になら全然いけると思います。このときに3の「癒やして〜」みたいな弱音を入れるとなお良しだと思います。

おわりに

いかがでしたでしょうか? 無味乾燥で味気ないものになってしまった「おつかれ」のあいさつ。

しかし本来は、もっとお互いに相手を気遣い合う気持ちにあふれた温かいものであるはずです。
みなさんも、気になる男子と、こんな温かみのある「おつかれ」をしてみてくださいね。(P山P太/ライター)

(ハウコレ編集部)
(黒田真友香/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事