女子会で恋愛相談をしていたら「恋はうまくいかない」という法則



誰がなんと言おうと、女子の特徴はよく恋愛相談をすることです。大学のサークル仲間の男子と付き合った場合、彼が付き合っている事実をオープンにしたがらないこともあるでしょう。
社内恋愛の場合、彼が付き合っている事実をオープンにしたがらないことがあるでしょう。

でもある日、なぜか付き合っている事実が周囲の人たちにバレていた……たいていの場合は、女子が女友だちに恋愛相談をしたからです。

……と言い切っていいのかどうか分かりませんが、そういうケースは多いでしょう。男がおしゃべりというケースは一般的に見て少ないものです。

男は男のことを客観的に見ているから

女子どうしで恋の話をして、恋の相談に乗りあう……これはなにも男がそれをいけないと言う筋合いの話でもないもので、おおいに女子どうしで相談しあえばいいと思います。

でも、付き合っている彼のことに関する相談は、きっと男友だちにしたほうがいいものです。

男は男のことを客観的に見ているからです。男どうしは基本的にはセックスをするわけでもなければ恋愛をするわけでもないので、あなたより、あなたの彼のことを客観的に見て、あなたの女友だちより、彼のことを客観的に見ています。

だから、付き合っている彼のことに関する相談であれば、彼の友だちを呼び出して相談したほうがいいものです。
男は口がカタいので、守秘義務を課したらちゃんと守ってくれるでしょう。

またこの相談かよ

恋愛の相談とか恋愛談義って、結局のところ、いくつかのパターンに集約されます。あなたも他人の恋愛相談にじっと耳を傾けてみるとよくわかるはずです。

突飛な相談内容って実はほとんどなく、多くは「またこの相談かよ」というような、ありふれたものです。

相談をしてくる当事者は必死でしょうけど、聞いている側は「ああ、パターン3の話ね」みたいなものです。

そして、そのいくつかのパターンは、結局のところ「男という生き物の謎」に関することだったりもします。
「ホントは男子ってなにを考えているの?」
「こういうとき、彼氏にはなんて言えばいいの?」 などなど……。

こういった恋愛相談は、男友だちに相談してみてはいかがでしょうか?
女子会より安いコストで、女子会よりもいい話が聞けるかもしれません。

彼氏と別れたいんだけど……という気持ちを前提に男友だちに相談をすれば、運が良ければ男友だちから告白されるというオマケがついてくるかもしれません。

まぁ、それが迷惑という人もいると思いますが、何はともあれ、「餅は餅屋」。「男のことは男に聞け」です。(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)