2016.01.05

大学生必見!!新学期でのすれ違いを防ぐには、一月から動くのがベストだった!?


みなさん、こんにちは。
ハウコレライターの神野悠です。
さて、今回少し気になる話をキャッチしました。大学生のカップルさんの悩みとして
「新学期になると環境が変化して、高確率で破局の危機が訪れるのはなんでなんだろう…」
というものです。

新学期になると、必修のクラスがなくなったり、就活が始まって忙しかったりと、何かとバタバタしてしまいすれ違いが多くなってしまうようです。

そこで今日は、新学期のすれ違いの原因を分析して、今の時期に何をすればよいのか検討していきたいと思います!!

1.実は一月が鬼門!春休みに入る前に気をつけたいこと

「冬休みが終わると、学生はテスト一色になるので、新学期のバタバタって意外と一月のテストから始まっているんじゃないかと思います。
だから、テストがあっても合間にちょくちょく会っておくと良いですね、一緒に乗り越えると、春休みに突入したときの喜びも大きいし、テンション上がります!」(22歳/大学生)

冬休みから春休みまでの間が一か月弱しかないのが、学生の特徴ともいえますよね(笑)
テストが忙しいとなかなか会う機会が作れないかもしれませんが、そこで顔を合わせておくことが大切という意見が多数!!

一緒に勉強したり、授業の合間にお茶をするなど、工夫ができると良いですね。

2.春休みの予定をたてはじめるのが正解!

「遠出するとか、イベントに参加するとかの大きな予定はこの時期に立てはじめるのがいいと思います。
休みに入ってからだと、テスト以上にバタバタするのが普通だと思うので(笑)。ゆっくり話せる時に休みの予定を決めるべきですね」(20歳/大学生)

バレンタインとホワイトデーが軸になりますが、学生のお休みは長い分、お泊まりデートを考えるカップルも多いのでは?二月に行くのか、三月に行くのかで金額も変わってきます。

早め早めで計画をたてることが大事なようです。そのためにも、1月のうちに、春休みに入る前に会って相談したいですね。

3.どのくらい環境が変わるのかをお互いに理解する

「お互いに社会人になって職場が変わることが決まっていたので、研修が終わるまではどうしても会えないよね、ということはことあるごとに話すようにしていました。
春休みの会える時間を大切にできるし、社会人になってからは恋人として、頑張っている仲間として、より仲が深まったように感じます」(24歳/OL)

「三年になると、サークルで中心になったりゼミが本格的に始まったり、意外と忙しくなるので、その辺の覚悟はお互いに必要なのかなと思います」(22歳/大学生)

同い年カップルであればもちろん、学年が違うカップルであれば特に注意したいのがこの点です。
環境の変化には誰しもが戸惑うこと、お互いに変わった点をしっかり理解してあげることができるかが四月からのお付き合いが安定することに繋がります。

必要以上なネガティブは逆効果ですが、すれ違う可能性を考えておくだけでも、実際にそうなったときの安心があります。

4.次の記念日に何をしたいか、さりげなく伝えておく

「マンネリ化を予防するのに良いのは、何か目標をたてるのがオススメです!」(19歳/大学生)

確かに、楽しみが次から次へとあることが分かっていれば、二人の仲が冷めていくこともなさそうです。

旅行や夜景の見えるレストランなど、数か月に一度の楽しみをコツコツ積み重ねていきましょう。

おわりに

いかがでしたか?環境が変化しても変わらない愛は必ずあるはずです。いつまでもラブラブなカップルを目指していきましょう♪(神野悠/ライター)

(ハウコレ編集部)
(吉木千沙都/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事