2016.01.09

どうぞワタシを持ち帰って!?男性を「ホテルに誘う」ひとこと・5選

デートの後にホテルに行きたい気分なのに、なかなか相手が誘ってくれない・・・なんて経験はありませんか?

ホテルに行く時って男性から誘うイメージがありますが、何も言わずにそのまま黙って解散なんて寂しすぎます!

そこで今回は、女性から可愛くホテルに誘うひとことについて紹介致します。彼氏にでも、気になる人でも、じゃんじゃん使っていきましょう!

1.「二人っきりになりたい」

「気になる女性とデートして、すごい良い雰囲気になったんです。
そしたらその女性が耳元で『ねえ、二人っきりになりたいな』って囁いてきて・・・。もう興奮度マックスでやばかったです。」(21才/学生)

何てオトナな誘い方・・・!耳元で囁くなんて、上級者じゃないと難しそうです。

オトナな女性にはコチラの誘い方がぴったりですが、若い女性であれば「二人っきりになりたいな」と小声で恥ずかしそうに言ってみましょう!

言い方次第でその人に合った言葉に変わってくれるのでオススメですよ。

2.「明日、何も予定ないんだよね」

「普通に彼女と話してたんだけど、いきなり『明日何も予定ない』とか言い出してさ。
今日泊まりたいの?って聞いたら顔真っ赤にしてた。遠回しな感じがすごい可愛くて良かった。」(25才/公務員)

こちらはダイレクトに彼を誘うのは恥ずかしい、といった方にオススメ!

明日の予定がないことをほのめかして、遠回しに「わたしはお泊まりができるよ」アピールをしてやりましょう。男性もきっと気づいてにやにやしちゃうはずです。

3.「え、帰っちゃうの・・・?」

「デートが終わって、俺が普通に帰ろうとしたのね。
そしたらその子が『え、帰っちゃうの・・・?』って言ってきて。いや、もちろんすぐにホテルに連れてきました。」(26才/営業)

こんなことを言われて「うん!明日バイトだから!」なんて爽やかに帰宅する男性がいるはずありません!安心してください!

甘えたような視線で訴えることで、彼はきっとアナタにメロメロになっちゃうはずですよ。

4.「そろそろ行こっ!」

「良い雰囲気になって、いつホテルに誘おうかもじもじしてたんです。
そしたら店出たと同時にその人が『よし、そろそろ行くよっ!』ってホテル街に向かって手引っ張てきて。すごい嬉しかったです。」(22才/学生)

爽やかな誘い方ですね。相手が年下や同い年の場合はこのセリフが言いやすいかもしれません。

このセリフを言う時のポイントは「笑顔で」言うこと。いやらしさを感じさせない笑顔でいうことで、彼も爽やかな気分になってくれること間違いナシですよ。

5.無言で上目遣い

「店出たら彼女が無言で上目遣いしてきてさ。『どした?』って聞いたら『言いたいこと・・・分かるくせに』ってぷいってされてもう天使かと思いました可愛すぎ。」(24才/建築)

このツンデレ加減がたまらなく可愛いですね。しかも、ダイレクトに誘う訳ではないので言いやすさもバツグンです。

お店を出た後や、改札に入る瞬間などにこの技を出すのが効果的です。タイミングを見計らってアピールしてみましょう。

おわりに

いかがでしたか?

彼をホテルに誘うには、あまりダイレクトに誘わなくてもOKみたい。ホテルを匂わせるようなセリフを言えば、アナタの気持ちに気づいて手を引っ張ってくれるはずです。

皆さんもぜひ、試してみて下さいね!(霧島はるか/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事