2016.01.10

今年こそは素敵な女の子になりたい!本当の女子力を上げるためにやりたいこと

ハウコレ読者のみなさん、こんにちは。
ライターの神野悠です。
さて、新年が始まりましたがうまくスタートダッシュはきれましたか?

今年こそは素敵な女の子になるぞ!と思っている方も多いことでしょう。
そこで今回は、新年だからこそ始めたいことをご紹介したいと思います。これを参考にして、女子力を鍛えてくださいね!

1.今年こそは計画的に

「いつもいつも計画倒れの常連だったんですけど、逆算して目標設定をすることで、三日坊主を脱することができました。
月ごとの目標や、週ごとの目標があるとただなんとなく過ごすってことがなくなるので、すごく充実した時間を過ごすことができます」(27歳/金融)

新年に詳細な年間計画をたてる方も多いかと思いますが、みなさんはきちんと計画通りに過ごすことができていますか?

計画倒れをしてしまうという人は、短期的な目標をたてて達成することを習慣にしていきましょう。達成すればするほど、女子力が上がっていきますよ。

2.今年こそは習い事を!!

「ジムとかお茶とか書道とか、いろんな習い事がありますけど、毎年やろうやろうと思っていて全然踏み出せてなかったので、今年こそはって思ってます」(23歳/一般事務)

「資格を取るための通信教育をたこんでいたので、しっかり消化することを目標にしました。無事資格もとれて、生活が充実した気がします」(26歳/コンサル)

ジム通いや習い事をしようと思いつつも、なかなか始めるきっかけがなくて年を越してしまったという人は、新年の今こそ始める大チャンスです!

お仕事や大学以外の活動はその人の充実度を表す指標の一つになることが多いですから、積極的にチャレンジできる年になるといいですね。

3.今年こそはお料理を!

「自炊しなかったんですけど、お金の節約のためにってお料理を始めたらすっかりはまって、今ではホームパティ―をするくらいです(笑)。
食生活が楽しくなると、家にいる時間も楽しいので、新年からチャレンジするなら料理がオススメです」(23歳/OL)

実は料理も新年から始めるのがオススメ。
季節ごとに料理をすることで、食材の旬も自然と分かっていき、知識も腕前も向上していきます。

春に手料理を振る舞うなどの目標をたてて、少しずつ練習するのはどうでしょうか?

4.今年こそは上品に!

「どんなに外側をとりつくろっても、内面がブサイクだと女子力が高いとは言えないですよね。
言葉や行動にがさつさは出てしまうと思うので、新年最初の出勤日は特に意識するようにしています」(24歳/営業)

新年はフレッシュにスタートさせることができるもの。
キャラを完全に変えることは難しくても、自分の姿勢を変えることは自分の意識次第でできます。

リアクションや言葉遣い、普段の仕草などを研究して、今年こそは上品な女性になれるように努力するのもいいですね。

おわりに

いかがでしたか?人によって定義が違うであろう女子力。正解も不正解もありません。

自分が取り組めそうなものから、少しずつ素敵な女性に近づいていきましょう。(神野悠/ライター)

(ハウコレ編集部)
(黒田真友香/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事