『彼氏いない歴=年齢』を打破したい!彼を作るためにやってはいけないこと


周りはどんどん彼氏ができはじめ、『彼氏いない歴=年齢』がそろそろ寂しいな…と感じている女性もいるかもしれません。

しかし今まで彼氏がいなかったからこそ、やってはいけないNG言動もあるんだとか。

そこで今回は『“彼氏いない歴=年齢”だからこそ、彼を作るためにやってはいけないこと』について女性からの意見をもとにまとめてみました。

1.自分自身で価値を落とす

「『私なんかブスだし…』とか言ってると、本当に男性が寄って来なくなっちゃうよ!」(23歳/一般事務)

高飛車すぎる女性も問題ですが、自分で自分の価値を下げてしまうのはもったいないです。それに男性側からしても、卑屈すぎる女性とは付き合いたいとは思わないはず。

むしろ今まで彼氏いなかったことを武器にしてしまいましょう。
『彼氏ってどうやって作ったらいいか分からなくて…』と恋愛にオクテな女子を演じれば、男性も『俺が一番になりたい!』とあなたに興味を示してくれるかも。

2.周囲に当たる

「『どうせ彼氏いる奴に私の気持ちなんか分かんないだろ!』とキレられた時は『だから彼氏出来ないんだよ!』と思わず言い返してしまった。」(20歳/大学生)

自分の価値を落とすことよりもタチが悪いのがこちら。確かに自分が必死に恋活をしている時に、友達のノロケ話を聞かされてしまうとうんざりしてしまうかもしれません。

でも彼氏がいないのは友達のせいではありません。これは自分自身の勝負なんです。
どんなにイライラしても周囲に当たり散らすのではなく、冷静に彼氏が出来るよう努力してみましょう。

3.手当たり次第出会いを求める

「どうしても彼氏が欲しくて、手当たり次第合コンや街コンに行っていたけれど、良いなと思う人が現れなかった。」(25歳/公務員)

『この際誰でもいいから彼氏が欲しい!』なんて口では言っていたとしても、本心では誰でも良い訳ではないですよね。
どんなに出会いの場に足を運んだとしても、結局は『なんか違うな…』で終わってしまいます。

それに彼氏ができたとしても、長続きしなければ意味はありません。本気で彼氏が欲しいと思うのであれば、自分の中で『これだけは譲れない』という最低条件を作りましょう。

その条件にあった合コンや街コンに足を運ぶ方が、一つ一つの出会いを大切に出来るかもしれませんよ。

4.恋愛に夢を見過ぎる

「ここまで来たら、妥協せず理想の男性を手に入れたいと思っている。でも現実にはそんな人いませんよね。だからダメだとは分かっているんですが…。」(26歳/工場)

男性も人間なので、100%どこから見ても完璧な人っていないものです。
男性のちょっとダメなところを見ただけで、『有り得ない』『好きじゃなくなった』と思ってしまっては、いつまで経っても彼氏はできないかも。

男性の悪いところばかり探すのではなく良いところを見つけていく方が、恋愛をする上では大切といえそうです。

おわりに

いかがでしたか?
素敵な人と付き合うためには、自分から変わっていく必要があるのかもしれません。

『こんなこと言われなくても分かってるよ!』と思った人も『恋活頑張ってみようって考えてたんだよね』という人も、是非参考にしてみてくださいね。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)