2011.03.22

疲れてるのに寝られない…そんな時に!寝付きを良くする方法



最近はストレスなどの問題から、なかなか眠れない方も増えているそうです。

しかし、夜眠れないと、昼間眠気が出たりして仕事などにも差し障りが出ることもあります。

そこで、今回は寝付きをできるだけ良くする方法をご紹介しています。

寝付きを良くするには

寝付きをよくする方法は色々とありますが今回は簡単に、かつすぐにできる方法を調べました。

まず一つは、仕事などで高まった神経などをリラックスさせる事が効果的です。

 

そこで以下にリラックスするために気を付ける事をあげていきたいと思います。

刺激物は避けること

寝る前はカフェインなどの刺激物はとらない。コーヒーなどに含まれているカフェインには神経を高ぶらせる効果があるそうです。

 

そのためリラックスする際には、コーヒーなどの刺激がある飲み物などは避けることが良いそうです。

筋肉をリラックスさせる

寝る前に簡単なストレッチなどを行い、体をすっきりさせてから眠るようにする。 こうすることで、リラックスして寝付きを良くすることが出来ます。


仕事などで筋肉が固まった状態になっていると、十分にリラックスできません。そこでストレッチなどで筋肉をほぐすと良いということです。

目が疲れる作業は避ける

寝るまえのパソコンなどの目を酷使するような作業は出来るだけ避けるようにする。 目などから神経を刺激するとリラックスすることが難しくなってしまいます。なので、目などが疲れる作業はあまりしない方が寝付きは良くなるようです。

自分にあった方法を選びましょう

ここまで、寝付きを良くするための方法をあげてきましたが、一番大事なことは、寝付きが良くなるために、一番あった方法を選ぶことです。

自分にあった、リラックスの方法などを見つけて、無理のないペースで継続して寝付きを良くする事が大事な事になります。

おわりに

寝付きが良くないことは、気分的にも優れないといったことなどに繋がり、あまり良いことではないと思います。

 

そこで、このような方法などで、少しでもリラックスして寝付きをよくして質の良い睡眠をとりたいものです。

関連記事