美容の大敵は自身の体の中にあり!どうにかしたい「お通じ」モンダイ

美容の大敵と言えば、みなさんは何を思い浮かべますか?『紫外線』、『乾燥』、『活性酸素』、など外的要因でしょうか。しかし、実は一番の大敵は自身の体の中にあります。それは『便秘』です。女性の多くが悩まされている便秘。体の毒素の75パーセントが、便として排泄されるといわれていますので、便秘の人は毒素を溜め込んでいるということになります。
よって、これを解消することが美容への第一歩となることは間違いありません。

1.便秘による影響

便秘は停滞した便がガスを発生させてお腹の張りや腹痛を引き起こしたり、腸全体の働きが悪くなって食欲不振や酷くなると吐き気を起こすこともあります。更に、便秘で血行が悪くなるため、肩コリや頭痛、腰痛といった症状も出てきます。

そして女性は肌トラブルに悩まされることも多くなります。ニキビや吹き出物、シミやシワといった症状も出てきます。

このような不快な症状が続くと、ストレスが生じイライラや不眠を引き起こすことになり、肉体的苦痛だけでなく精神的にも多大な影響をもたらします。もうたかが便秘ではすまされないですね。

2.便秘の原因

便秘にはさまざまな原因がありますが、女性に多くみられるのには、女性特有の体の仕組みがあります。

・女性ホルモン(黄体ホルモン)
生理周期の中で、排卵から月経が始まるまでの間は黄体ホルモンが盛んに分泌されますが、この黄体ホルモンには大腸のぜん動運動を抑制する作用あることから、この期間は便秘になりやすいと言われています。また妊娠するとやはり、黄体ホルモンの分泌が活発になります。それにお腹が大きくなると腸が圧迫され、運動不足も手伝って、便秘がちになります。

・筋肉の量
女性は男性よりも筋肉が少なく、腹筋や大腸の活動が弱いのも便秘の原因の一つです。

・ダイエット
ダイエットによって、食事の量を制限すると便の量が少なくなって便秘を招きやすくなります。

3.便秘対策

・朝食をとる
 寝起きの腸は眠っている状態です。食事をとることで腸に刺激を与え、便意を起させるタイミングとしてはベストなのです。朝食⇒便意の排便リズムを作るようにしましょう。

・食物繊維をとる
みなさんご存知の通り、便秘の改善には食物繊維を多く摂りいれた食事が有効です。
食物繊維は、水に溶ける水溶性食物繊維と、溶けにくい不溶性食物繊維があります。
水溶性食物繊維には、腸内環境を改善するほかに、栄養素、特にブドウ糖やコレステロールの吸収を緩やかにする働きがあります。リンゴなどの果物、野菜やイモ類、昆布やわかめなど海藻類に豊富です。不溶性食物繊維は、便の量を増やして腸の蠕動運動を促進します。大豆など豆類や玄米、野菜、特にコボウなどの根菜に多く含まれます。
ただし、過剰摂取は、下痢を引き起こすことがありますので注意してください。

・適度な運動
筋力低下も便秘の原因の一つです。激しい運動は必要なく、日常の生活習慣として、こまめに動いたり歩いたりする機会を増やすだけでも効果が期待できます。

・その他

その他にも、サプリメントで酵素などを摂りいれたり、入浴などのリラックスタイムをとりいれることも、便秘解消には有効です。

おわりに

常に腸を刺激する事を意識して便秘解消デトックスしてください。それが美容や健康に一番効果的方法です。(下山一/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード