2011.03.23

謎解きはディナーの前にちゃちゃっと終わらせよう!「Pika Zip」を使って ZIPファイルに付与されたパスワードを瞬時に見破る方法

圧縮ファイルであるZIPファイルは、圧縮する際に任意でパスワードを割り当てることができます。情報漏えいなどに対処した機能といえますが、このパスワードが何だったのかを忘れてしまうことも少なくありません。

メールに添付されて送られてきたZIPファイルだけデスクトップ上に保存し、後で解凍しようと思ったらパスワードがかかっていた、ということも起こりえます。

こうした際、送信者に対して再度パスワードを確認したり、過去のメールからパスワードが何だったのかを確認したりと非常に手間です。

そこでパスワードを知らなくても、自動で解析し、パスワードを見破るツールがあります。それが「Pika Zip」です。

Pika ZipはZipファイルのパスワードを割り出す専用ツールです。4ケタ程度の簡易なパスワードなら瞬時に割り出せます。ただし、複雑なパスワードは時間がかかる、もしくは解析できないといった可能性も当然あるので注意してください。

ここではPika Zipのダウンロードから使い方までを紹介します。

 

Pika Zipをダウンロードしよう

Pika Zipは以下のURLよりダウンロードできます。フリーソフトなので料金はかかりません。

URL:http://pikazip.tobiiro.jp/home/Welcome.html

 

 

ダウンロードしたファイルは圧縮されているので解凍します。解凍したフォルダ内にある「PikaZip.exe」をダブルクリックして起動します。インストール作業は必要ありません。


パスワード付きZipファイルを選択しよう

Pika Zipを起動したら、ウィンドウ左上にあるアイコンをクリックして、パスワードが分からないZipファイルを選択します。


もしくはマウスのドラッグ&ドロップで、Pika Zipのウィンドウ上にパスワードが不明なZipファイルを放り込みます。

パスワードを解析しよう

Zipファイルを選択したら、ウィンドウ上部にあるメニューのカギ型のアイコンをクリックします。これでパスワードを解析し始めます。

パスワード判明!

パスワードを解析します。簡単なパスワードなら数秒で探し出します。解析し終えると別ウィンドウでパスワードを表示します。

なお、日本語のパスワードにも対応します。

さいごに

Zipフィルにパスワードを付与するのはビジネス用途では頻繁に起こりえます。多数のZipファイルのパスワードを把握するのは無理のため、こうした簡易解析ツールが重宝するはずです。


動作は軽く、操作もシンプルです。簡単に使えるのでぜひ活用してください。

関連記事