2016年上半期最強開運のための風水九星占い<七赤金星>

いよいよ2016年、恋愛を中心として上半期を九星別に占いました。素敵で最高の1年にする方法をお教えします。

昭和23年2月5日~昭和24年2月3日
昭和32年2月4日~昭和33年2月3日
昭和41年2月4日~昭和42年2月3日
昭和50年2月4日~昭和51年2月4日
昭和59年2月5日~昭和60年2月3日
平成5年2月4日~平成6年2月3日
平成14年2月4日~平成15年2月3日
平成23年2月4日~平成24年2月3日 

総運

周りの人に感謝をすることが多くなるときです。感謝ができる状況にあるということは、すばらしいこと。多くの経験と気付きにより、大きく成長できるという年になります。新しいことにチャレンジするのも悪くはありませんが、今までしてきたことの総決算のような、物事を見直してみたり、精査してみたり、古い文献を調べてみたり、そんなことに時間を費やしてみると物事がうまくいくヒントがみつかることでしょう。学ぶということをイヤイヤするのではなく、喜んで行っていきましょう。

恋愛運・結婚運

<恋愛>
モテ度は高いですが、出会ったばかりの人と、すぐに関係をもつことは避けましょう。できるだけ時間をかけて、話をして、答えをすぐに出すことは危険です。恋人や奥さんがいる相手を好きになってしまいやすいときです。自分の幸せもしっかり考えて恋をしましょう。

<結婚>
今は、結婚への憧れや、しようという気持ちが薄いかもしれません。もしくは、なかなか結婚の話にたどりつかずにヤキモキしてしまうかもしれません。ただ、焦ることはありません。焦るとイライラしてしまい、逆効果です。今はその時を待つ姿勢で穏やかな気持ちで過ごしましょう。

七赤金星の彼

<年下の彼>
ちょっとカチンとくることがあっても、彼は年下だと思って考え方を変えてみましょう。下手に言い返しても、それは得策ではありません。大人のあなたを見せれば、彼も反省します。結果、その方がうまくいくようになるのです。

<同年代の彼>
感情的になってしまうと、お互いに譲れなくなってしまい、いつまでたっても平行線をたどるようになります。それよりも、ふたりで笑って過ごせる時間を増やしていける方法を考えてみましょう。意地を張り合うのは時間の無駄なようですよ。

<年上の彼>
年上の彼なのに、なんだか自分より年下なの?というくらい、今の彼は甘えたい体質になっているようです。そんなときもあります。また、そんなところも、「私がいないとダメなのね」という気持ちになり母性本能をくすぐられて悪くはありません。

金運・仕事運

<金運>
一攫千金やギャンブル的要素のあるものには、手を出してはいけません。この時期、そういうことに関わると、のちのち大きな痛手となってしまいます。今は地道に、時間をかけてお金を手に入れて、育てていく方法の方が無難です。もらい物などは、多くいただくことが多いでしょう。

<仕事>
ルーチンワークだけでなく、プラスαで仕事をするように心がけていきましょう。より踏み込んで、自分の仕事だけでなく、他の人の仕事も手伝って上げられるようになっていけば、あなたの評価は飛躍的にアップしていきます。ただし、自分のことをまず優先して、時間ができれば他の人を手伝うようにしましょう。

ラッキーアイテム
ラッキーカラー:ゴールド
ラッキーフード:パスタ
ラッキーナンバー:8

おわりに

いかがでしょうか。今のうちにしっかりと「どんな年にするか」目標を立てて、前半から幸せを掴んでいきましょう。(生田目 浩美。/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード