2016.01.12

【夢占い】吉凶を占う!デパート・百貨店にまつわる夢4つ

・・・デパートで靴を見ていた。私は水色の靴を見つけ、それをはいてみたが似合わないので、買わないことにした。今度は服を見ようといろいろ探していたが、何も買わずにデパートを出る。デパートの前の通りで男性アイドルグループが踊りのパフォーマンスをやっていた。リーダーが拡声器を持ってたくさんの見物人に振り付けを教えている。阿波踊りみたいに通りを移動しながら私もまわりの人といっしょに踊っている。踊りがひと通り終わると、いつの間にか道路を外れ、帰ろうとして迷ってしまう。

これは20代女性の夢の実例です。靴は対人的な相性を意味します。なかなか相性のいい男性に巡り会えない、彼女の恋愛の試行錯誤をこのようなかたちであらわしています。デパートを出てアイドルといっしょに踊っているのは、憧れの男性のイメージがメンバーの一人にあるのかもしれません。デパートで何も買わなかったのは、彼女のアプローチが弱いことをあらわします。ではデパートにまつわるいくつかのシンボルをご紹介します。

・宝飾・服飾、化粧品売り場の夢

・・・私はデパートに来ています。ショーケースに展示された銀のネックレスが目にとまりました。ネックレスの中央には小さな青い宝石がいくつかあしらわれていました。青色と銀色の調和がとれていて、とても素敵なので思わず見入っていました。スーツを着た男性店員がやってきて、「あなたにお似合いですよ」と言われました。

これは30代の女性会社員の夢の実例です。彼女は交際している男性との関係が曖昧で、相手が本当に自分のことを思ってくれているかどうか思い悩んでいたそうです。自分に見えず相手にしか見えないネックレスのイメージは、自身の心を縛るものをあらわします。一つの思いに囚われ、真正面から自分を相手にアピールすることを忘れてしまっているのかもしません。基本的に服飾や宝飾のイメージは対人関係の試行錯誤を、化粧品・コスメグッズのイメージは恋愛関係の不満、性的な欲求不満などを反映します。

・デパ地下の夢

・・・デパートの地下にいます。いっしょにいる友達にチョコレートを買ってあげようとするのですが、どれにするか迷ってしまって、なかなか決められないのです。そうしているうちにほかの友達と待ち合わせている時間が来て、すごくあせっています。そうこうしているうちにお店も閉まってしまいそう・・・という夢でした。

これは筆者の著作で紹介した当時20才の女性の夢の実例です。この夢を見た時、彼女は恋人との不和をかかえていたそうです。この夢の場合、デパート地下の食品売り場のイメージは、対人的な試行錯誤に加え、チョコレートに象徴される他の異性・同性の友人たちとの交友関係の変化も表れています。食品売り場で迷っているイメージは、コミュニケーションの不調和、気持ちの焦りをあらわします。

・セールの夢

デパートの福袋、クリアランス、クリスマスなどのセールに出かけるイメージは、基本的に対人的な刺激を求めていることをあらわします。また、セールでの買い物、お気に入りを手に入れるイメージは、対人的なリセット、物事の転換点を暗示します。

・エレベーターとエスカレーターの夢

デパートのエレベーター・エスカレーターのイメージは、高層ビルやオフィスにあるものとは夢の意味が少し違ってきます。デパートのエレベーター・エスカレーターを使って売り場を変えるのは、対人環境の変化を暗示します。また、エレベーター・エスカレーターの急降下、上り下りをしきりに繰り返すのは、対人的な転換期や試行錯誤期をあらわします。

・デパートでの買い物は吉兆!

デパートの夢の特徴として、買わずに帰ってしまう、ウィンドウショッピングや気に入った物が手に入らないイメージが多いのですが、もしもデパートで何かを買うなら、対人的な吉兆をあらわします。特にお気に入りの物を手に入れる、ほしかったデザインの服を買うイメージがあれば、恋愛や対人関係に良い変化がある兆しです。(梶原まさゆめ/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事