男だって甘えたい!彼女に甘えたくなっちゃう瞬間


みなさんは甘えん坊の男子はお好きですか?「可愛い~!」と思えるときもあれば「うっとうしい・気持ち悪い」と感じてしまうこともあるかもしれませんね。

ですが、表には出さないだけで、男子は基本的に甘えん坊な生き物。実は普段からこんな「甘えたい」野望を秘めているのです……。
今回は、男子が女子に甘えたくなる瞬間をご紹介します。

1.肌寒い夜

「さむーい夜は人肌が恋しくなってついつい彼女にベタベタしてしまう。
ベッドとかこたつでくっついてると自然にあったかくなってくるんですよね。」(23歳/大学生)

「夜、一人でさむっ!と感じると柔らかくてあったかい彼女にくっつきたくなるときがあります。
急に呼び出してモコモコの可愛いかっこうして来てくれたらうれしい。」(27歳/IT)

寒い日はお互いの体を温め合うのがアツアツカップルの醍醐味ですよね。
男子は性欲とは別に女子とくっつきたい、と感じることは女子に比べて少ないですが、特段寒い時は例外。

湯たんぽ代わりにされたらたまったもんじゃありませんが……あたたかいスープや飲み物を用意してあげるとさらに喜んでもらえます。

2.仕事がうまくいったとき

「仕事で成功したとき一番に好きな子に報告して、ほめてもらいたい」(26歳/システムエンジニア)

「自分の彼女はもう褒めてくれることはないので、たまに仕事で良いことがあっても誰もすごいねー!とか言ってくれない切なさに見舞われます(笑)」(26歳/営業)

男子は女子から「頑張ったね!」「さすがだね!すごい!」と言われるとニヤついてしまうもの。褒めてくれないとわかっていても期待してしまうものです。

ムチばかりでなく彼を思いっきり褒めてあげて甘えさせてあげるのも彼のモチベーション維持のために良いでしょう。

3.仕事で失敗したとき

「プライドが邪魔して慰めて欲しい、とは言えないけど、実はめっちゃ癒してほしい!!」(25歳/美容アシスタント)

「寝坊してバイトに遅刻したことを彼女に言ったら、かるーく叱られた。なんかうれしくなっちゃいました」(22歳/専門学生)

仕事で失敗した時は癒しを求めているようです。多くは語らなくとも、態度に現れているはず。

「どうしたの?元気ないね」と気にかけてあげて、彼の大好物のおかずやスイーツを作ってあげたり、膝枕をしたり抱きしめてあげたりしてみましょう。
失敗して叱られて喜ぶという男子もチラホラいるので、彼のタイプを見極めましょう。

4.そういえば最近くっついてないな、と感じたとき

「最近くっついてないなーとか思ったときにふとくっつきたくなる」(20歳/大学生)

「ゲームとか漫画とか好きなことを一通りやりつくして、そばにいてくれる彼女にふとした瞬間「あ、くっつこ」と思って彼女にくっつきにいきます。
たいていうっとうしがられます!」(21歳/専門学生)

普段は好きなことばかりしているくせに、気まぐれで突然甘えたくなる時があるようです。
女子からしたら突然そういう気分でないときに甘えられても戸惑ってしまうことも多いですよね。

毎回相手にしていると大変なので、手が離せないときや気分が乗らないときは「今忙しいからあとでね」とやさしく断りましょう。

おわりに

いかがでしたか?
淡白に見えて男子はこんなにも女子に甘えたいと感じているのです。彼の「甘えたい」サインをうまく感じ取って、お互い満足できるラブラブタイムを過ごしてくださいね。(mashu/ライター)

(ハウコレ編集部)
(大倉士門/モデル)