2016.01.13

【夢占い】吉凶を占う!飲食店にまつわる夢4つ

・・・会社の同僚たちと高級そうな中華レストランに入った。大理石の廊下を通って、タイル張りの四角い部屋のベンチに座る。目の前に積み木のような箱(テーブル?)があって、誰が頼んだのか、餡かけ炒飯が油紙のような簡素な皿に盛られて出てきた。高級店らしからぬ雰囲気と料理に戸惑ったが、意外においしい。「おいしいね!」と言いながら食べていると、会社の同僚の一人(よく夢にあらわれる男性)が「これ、作ってほしいなあ」と言うので、私は「作ってあげる!」と答えていた。

これは30代女性会社員の夢の実例です。夢の中の男性と仕事で関わることが多いそうですが、彼女はその男性にどこか魅かれているのかもしれません。身近すぎて気がつかないことも夢にはあらわれます。では、対人的な転換点にもなっている飲食店にまつわる夢をご紹介します。

・ファミレス、食堂の夢

・・・屋台村のような雰囲気のレストラン街で、パンケーキが食べたいと言う友人たちと離れ、私はテレビのグルメ番組で紹介されていたクレープの店を一人で探していた。でもどうしても見つからない。やっと見つけたと思ったら、お店の看板は消え店員が調理台の片づけをしていた。「まだやっていますか?」と聞くと、「クレープはもう終わっています」と言われた。奥のテーブルを見ると、すでに来ていたのか、さっき別れた友人たちがいて、「飲み物、頼んでおいたよ」と私に手を振ってきた。「あれっ?みんなパンケーキじゃなかったの・・・」と思ったが、気を取り直して友人のいるテーブルに向かった。

これは30代女性会社員の夢の実例です。流されがちな交友関係の中で、なかなか出会いの機会がない状況をあらわしています。ファミリーレストランや街の食堂にいるイメージは、限られた交友関係の中で試行錯誤をしている状況をあらわします。お店が閉店する、閉店間際のイメージは、対人的な運気の停滞をあらわします。反対に、新装開店、新しい店舗のイメージ、または新メニューを頼んで食べるイメージなら、対人関係に良い変化があるかもしれません。

・ファストフード、立ち食いソバの夢

ファストフード店や立ち食いソバの店に入るイメージは、慌ただしさ、不摂生などの反映になります。また、時間や金銭的な余裕のなさ、消費活動の不安定な状況を反映することがあります。

・コース料理、寿司屋の夢

コース料理の店や高級寿司店にいるイメージは、基本的に対人的な吉兆をあらわします。テーブル席ではなく、カウンター席で美味しく食べているイメージがポイントです。さらに身近な人や恋人といっしょにいるならコミュニケーションの良好を暗示します。

・カフェ・喫茶店、バーの夢

・・・あるカフェでバイトをしようと面接に行った。スタッフの女性が何人かいて、「アルバイト募集の広告を見て来たのですが」と言うと、スタッフの一人が「もう決まっちゃったのよ」と言って私を店の奥に通し、アイスコーヒーを勧めながら、30分前に面接した女の子で募集が終了したことを説明した。でも考えてみると、私は前から連絡をとっていて、この面接の直前にもお店に電話を入れていたので、「この人、私を断るためにウソをついているのかな?」と思ってちょっと落ち込んだ。家に帰ってから、そのお店で一番人気のサンドイッチを真似して作っていた。 

これは20代女性の夢の実例です。彼女は好きな人になかなか告白できない状況だったそうです。女性スタッフや面接で選ばれないイメージは、自身の思いに相手がこたえてくれなかった時の不安をあらわしているだけです。カフェや喫茶店のイメージは、自身の内省的な姿勢をあらわし、思い切った行動を促します。反対に、バーやカフェで誰かと出会う夢は、対人的な転換点を暗示します。楽しくお酒やカクテルを飲むイメージがあれば吉兆です。

・飲食店の夢が予知夢になる場合

飲食店の夢は基本的に自身の対人エネルギー・運気の補給場所になります。飲食の夢のほとんどは停滞している自身のエネルギーを活性化させるために見ているものです。これが予知夢になる場合、お酒や酒宴のイメージをともないます。人とお酒が入ることで、飲食の夢は運気の入れ替え・リセットをあらわし、予知的な要素を持ってきます。(梶原まさゆめ/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事