2016.01.14

ついついやりがち「復縁NG行動」と復縁のコツ

寒い季節って、何だか人恋しくなりますよね。あのとき、元カレと勢いで別れなければよかった……と後悔することもあるかもしれません。

しかし、闇雲に連絡しても彼にはもう新しい彼女が出来てしまっているかもしれないし、アプローチを間違えるとただのセフレ化してしまうかもしれません。

復縁って行き当たりばったりでアプローチするよりも、ちゃんと考えて行動した方がぐっと成功率が上がるんです。

復縁を考えたときについついやってしまいがちなNG行動と、正解の行動について元女探偵の筆者が解説します。

1.酔った勢いで連絡する

男性が付き合っていて楽なのは、感情の浮き沈みが激しくない女性です。
急にキレたり落ち込んだりするタイプの女性は、はじめは良くても付き合っているうちに疲れてきてしまいます。

酔うと寂しくなったり、涙もろくなる方も要注意。復縁してくれなかったらイヤだ!と泣きついたりすると、彼はうんざりしてしまいます。

復縁して楽しく過ごすことがゴールだとするなら、感情的な態度は出し過ぎない方が正解です。

2.ダメだった点を直さない

復縁を考えたときって、ただ復縁することにしか意識がいかないかもしれません。

しかし、別れに至るには必ず何か原因があったはずです。
それは自分のせいかもしれないし、逆に彼のダメな部分を受け入れられなかった自分の器の小ささが原因かもしれません。

原因が分かっていてもそこが改善できていなければ、彼も復縁しようと思えないですし仮に復縁できても決してうまくいきません。

うまくいかなかった原因を直したり、ダイエットや美容を頑張ることで彼があなたを見る目も変わります。

3.セフレにならない

元カレに連絡し、彼のノリも悪くなくて「飲みに行こうか」という展開になるかもしれません。

しかし、そこで流れでエッチしてしまうのはNGです。
また付き合おうという言葉もないままそうなってしまうと、ただのセフレのような関係になってしまいますよ。

4.しつこく連絡する

彼がなかなか復縁に応じてくれないと、しつこく連絡してしまいたくなるかもしれません。
返信がないと不安になって、そのことばかり考えてしまうようになります。

しつこく連絡するよりも、ピタッと連絡が止まる方が彼も気になるものです。特に、揉めて別れた場合には時間を置くことが復縁には有効です。
半年くらい期間を空けると悪い印象はかなり薄くなるので、もし揉めたらしばらく連絡を絶ちましょう。

もしブロックされてしまったとしても、期間をかなり置いて違う連絡先から連絡すれば案外普通に応じてくれるケースも多いですよ。
ぐちゃぐちゃにこじれてしまったときは、一度離れるが吉です。

おわりに

彼に連絡するタイミングは、自分がしたいタイミングよりも彼が連絡を貰って嬉しいタイミングがベストです。
SNSでつながっていて近況がわかるなら、彼が仕事や趣味で成果を出していたり、なんだか「ゴキゲン」そうなときを狙うと良いでしょう。

また、彼の誕生日や好きなアーティストのニュースが出たときなど連絡をしても変じゃないタイミングにかこつけるのも良いでしょう。

彼から「そっちは最近どうなの?」と聞かれたときに、手放して惜しかったなあと思われるくらいに仕事や自分磨きを頑張っておくことも大事です。(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)
(伊東亜梨沙/モデル)

関連記事