2011.03.23

複数PCを利用する方におすすめ!自宅や会社などの異なるPCを同期する、とても便利な方法

作成途中の企画書をを自宅に持ち帰り、作業を自宅で継続というケースは、多くのビジネスマンが経験済みではないでしょうか。このような場合、企画書をメールに添付し、自分のアドレスに送信するといった方法で企画書のファイルをやり取りすることが多々あると思います。

しかし、頻繁にこうしたケースが発生する場合、メールにその都度添付するのは面倒です。


そこで便利なのが同期ツールです。特定のPC間のフォルダを同期させ、自動で同一にすることが可能です。

自宅や会社、どちらか一方でファイルを更新すると、その更新情報をもとに、一方のPCにあるファイルを自動更新します。ユーザーはどちらのPCからでも最新のファイルを利用できるようになります。


同期ツールの中でも、使いやすさなどで人気なのが「RealSync」で、特徴はUSBメモリーに入れて持ち歩きできる点です。つまり、会社や自宅などのPCと同期する相手を固定せず、外出先のどのPCであっても簡単にフォルダを同期できるようになります。そこで、「RealSync」の使い方を紹介します。

 

RealSyncをダウンロードしよう

RealSyncは以下のURLより取得できます。フリーウェアなので料金はかかりません。
URL:http://www.takenet.or.jp/~ryuuji/realsync/

 

なお、RealSyncはインストール不要です。ダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、解凍後に表れるフォルダをそのままUSBメモリーにコピーするだけで利用できます。

もちろん、USBメモリーにコピーせず、デスクトップで利用しても構いません。

 

RealSyncを起動しよう

「RealSync」を起動し、メニューの「更新」から「追加」をクリックします。

 

同期フォルダを設定しよう

フォルダの更新元と更新先を指定します。つまり、更新元となるフォルダ内のファイルが上書きなどされたら、更新先のフォルダに上書きしたファイルが作成されることとなります。

 


ブラウザのお気に入りを同期すれば、自宅と会社などのお気に入り環境を同じにすることが可能です。自宅で追加したお気に入りが会社でも利用できる、といった運用が可能です。

 

 

例えば、更新元を自宅などで利用するフォルダを指定し、更新先を外出先などのPCのフォルダを指定するようにします。

 

同期完了

更新ボタンをクリックし、更新が終了していれば同期完了です。

 

 

ealSyncでは複数の同期環境を一元的に管理します。どのフォルダとどのフォルダを同期しているのか。どの時間に更新するのかといった情報を管理画面で把握可能です。

更新時期を設定しよう

フォルダの同期する時間を任意で調整することができます。例えば1日の作業を終え、会社を20時に出るとします。21時に同期するよう設定しておけば、帰宅後、21時過ぎには会社で作成したファイルが引き続きチェックできるようになります。

 

オプションを利用し、時間を設定します。

時間の間隔は任意で設定できるため、バックアップにも役立ちます。時間を短くし、自宅で作成した資料を遠隔にある会社のPCにその都度退避させることも可能です。

さいごに

RealSyncは常駐で起動します。タスクトレイから呼び出して設定を変更することが可能です。同期確認なども容易に行えます。

 

複数のPCを利用する人に同期ツールはオススメです。設定が複雑なもの、クラウドを利用するものなどさまざまあるので、自分の使い勝手に合うツールを探してみましょう。


関連記事