2016.01.14

気になる彼をオトす!バイオリズム統計占い(1月14日~1月20日)

モデル・女優・芸能人のカウンセリングを中心に、テレビ、雑誌などで活動してきた認定心理カウンセラー「脇田尚揮」が、のべ9000人のカウンセリングデータから導き出した異性の心を掴むバイオリズム統計術を余さず公開!

このメソッドはあなたとあの人の関係性をエレメントから分析し、周期からなるバイオリズムに当てはめて、相手に対してどのようにアプローチをしていけば良いかを毎週毎に分析するものです。気になる彼のエレメントの項目をご参照下さい。

火のエレメント(牡羊座・獅子座・射手座)

この時期の彼は、前半、愛にあふれる楽しい雰囲気です。しかし、後半になると少々ややこしい状態になっていくかもしれません。自分や周囲を大きく変えるような複雑なテーマに取り組まなければならなくなりそう。自分とたたかうときなのです。そこであなたは、前半は積極的に彼と関わりを持って、後半は大人しくしておくというスタイルが得策でしょう。

土のエレメント(牡牛座・乙女座・山羊座)

この時期の彼は、「居場所」が少しごたつきそうです。身近な人の言葉に左右されてしまい、優柔不断になってしまうおそれも。浮上してきた問題から逃げてしまいそうな、弱気さも見え隠れするので、彼に期待していたあなたなら、ちょっと幻滅してしまうかも。でも、時間が経てば彼自身の身の振り方も決まるので、長い目で彼を見てあげましょう。

風のエレメント(双子座・天秤座・水瓶座)

この時期の彼は、珍しく情熱的になっています。やるべきことに正面から向き合うと同時に、責任範囲や担うべき義務の内容が今の自分にふさわしいかどうか、検証することになるでしょう。滅多に相談しない彼ですが、もしもあなたにアドバイスを求めてきたら、勇気づけてあげてください。二人の人間関係に美しい花が咲くはずです。

水のエレメント(蟹座・蠍座・魚座)

この時期の彼は、人との一体一の関わりが大切なタイミング。もともと熱い心を持っている人ですが、特に熱くぶつかり合うことが増えるはず。新しく出会う人と意気投合することもあれば、過去の関係を修復することもありそう。そんな中であなたは、彼に対して本音を言えるようにしておくのが良いでしょう。上っ面の言葉では、彼の心には届きません。

今週のワンポイント☆モテアドバイス

コミュニケーションを意味する水星は、山羊座で逆行しています。きちんとした情報に基づかず相手を判断したりすると思わぬ落とし穴が。また、恋愛の星・金星は射座に位置。楽しいと感じることにツキがあるので、そこから攻めるも良し。そして、火星が蠍座に位置しているので、恋のライバルと火花を散らすことになりそうな予感も。(脇田尚揮/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事