2016.01.16

合コンでも使える!初対面男子を彼氏候補にするためのファーストアプローチ・5つ

「はじめまして」と言って出会う男子の全員が、いつか将来あなたの彼氏になるかもしれない人です。
そのことを考えたら、なるべく多くの男子に愛想をよくして「この子いいな」って思わせておくに限ります。彼氏候補は多ければ多いほどいいでしょうしね。

そこで今回は、20代女子20人と一緒に「初対面男子を彼氏候補にするためのファーストアプローチ」について考えてみました。

1.彼女持ちか聞いておく

「まず異性として意識してますってのを伝えるために、『彼女います?』って聞こうね」(大学生/21才)

私もこれは重要と思います。しかもこれって、逆に付き合いたてだからこそ聞きやすいですよね。出会ってしばらく経つと、なんか気になってるみたいで恥ずかしいですから。

男子も「彼女いるんですか?」って聞かれると「この子俺のこと悪くは思ってないな」って考えますし、意識してくれます。

2.「カッコいい」と一応一言

「ルックスをホメておくべきだと思う。初対面なら、お世辞っぽい感じで言えるから、言いやすいし」(公務員/24才)

たとえお世辞でも、外見をホメられて嬉しくない男子はいませんからね。そしてこの子の言うように、これも初対面だからこそ言いやすいものです。

3.共通点見つけておく

「趣味とか出身地とかなんでもいいけど、『えー、私もですー! 偶然ー!』的な話をしておくといいよ。
そうすると相手も『ちょっと運命的だな』って想ってくれる」(受付/24才)

これはすごいテク。いろいろ話しながら、そのなかで共通点を無理やり見つけるんですね。

最悪、「好きなお笑いコンビは?」とか聞いて適当に「私も! 最近好きになっただけだから全然知らないけど」って話を合わせるだけでもいいですね。

4.「遊ぼう」って言っておく

「冗談半分で『今度遊びましょ』って言うのは大事。そうすると自然に連絡先も交換できるし、向こうもソノ気になってくれる」(キャバ嬢/25才)

そうですね。こう言っておくだけで、あなたはもちろん、相手の男子からも「いつ遊ぶ?」ってお誘いをしやすくなるので、2人の距離が接近しやすくなるんです。

なにも言ってないのにいきなり後で連絡して「今度会わない?」って言うよりは、会ったときに一度言っておいたが方がハードル低いですもんね。

5.たくさん目を合わせとく

「恥ずかしさを捨てて、とにかくいっぱい目を見るように私は意識してるよ。その人に気があるって思われてもいいくらいのつもりで。
だって、そう思わせたほうが向こうも『俺もこの子いいかも』って想ってくれて結局私がいろんな男子から好かれて、トクでしょ?」(大学生/22才)

人に好きになられると、自分も相手のことが好きになってしまう心理を利用してるわけですね。

目をチラチラ見て、あたかもその男子に一目惚れしちゃった感じを出して、勘違いさせちゃいましょう。

おわりに

どうでしたか? いきなり初対面で異性として見られないようだと、彼氏候補の数が少ないまま。

それだと当然、彼氏もできにくいです。彼氏を作る前に、まずは彼氏候補をたくさん作ることを頑張ってみましょうね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)
(山田彩乃/モデル)
(今井美穂/モデル)

関連記事