2011.03.23

オトコって分かりやす~い!男のウソを簡単に見抜く方法



恋人の条件を聞かれた時に「ウソをつかない人」と答える女性も多いと思いますが、ウソをつかない人など、めったにいないもの。

悲しいかな、誰でも多かれ少なかれ、ウソをついているのが現実です。そこで今回は、男性のウソを見抜きたい女性のために、そのポイントを紹介しましょう。

声がうわずる

マンガのようですが、単純な男性は女性からの不意の問い掛けに対し、こんな初歩的ミスを犯してしまうことも。

ほかにも、どもったり、涙目になったり、いつも話している時と明らかに違う、うろたえた様子を見せることもあります。

目を合わせない

うつむいて、目を合わせようとしない。そうした仕草も、ウソをついている人がよくする行動パターンです。

「目を見て話して」と強く問いつめると、すっかり白状してしまう場合もあるでしょう。

目が左に動く

一般的に、目の動きは脳の動きと連動していると言われています。

右に動くと左脳が働いて実際に起こった体験を思い返している。
反対に左に動くと右脳が働いて体験していないことを想像していると言われます。

つまり、目が左に動くことはウソを考えているサインだというワケです。

頬や目や額がこわばる

人は、話す時に自然と頬や目や額がゆるやかに動くものです。

それに対し、ウソをついている時など感情を偽ろうとする場合は、話しているトーンと表情が一致せず、口先に神経が集中しているため、頬や目や額がぎこちなくこわばります。

姿勢にも注目

ウソをついている時は、無意識のうちに落ち着きがなくなるもの。猫背になったり、着座時におしりを上げたり左右に動かしたりするなど、姿勢がせわしなく変わっていると、あやしいと言えるでしょう。

鼻や口をせわしなく触ったり、体をかいたりする時も要注意です。

逆ギレぎみで話す

ウソを見破られないようにという防衛本能が働き、かえって不自然なほど強気になるケースもあります。

何度も同じことを言っている場合も要注意。相手にウソを信じ込ませようと、不必要に同じことを繰り返すことがあります。

関連記事