水瓶座のケアポイントは「ふくらはぎ」!魅惑と健康の12星座アロマテラピー 

西洋占星術においては、12星座それぞれが身体の部位を象徴しているとされます。その部位は各星座の魅力となる部分でもありますが、同時にかかりやすい病気や疾患とも関係しているとされます。そのため、その星座に合わせた身体のケアをすることで、自分の魅力を高め、病気を未然に防ぐことが可能なのです。そこで、アロマを用いて12星座それぞれの魅力を高め、心身を整えるための処方箋をご紹介致します。

水瓶座を身体で表すと「ふくらはぎ」の部位。「足首」や「血液循環」なども含みます。今回は、そんな水瓶座のアロマについて見ていきましょう。

こむらがえりを和らげる水瓶座のためのアロマ

水瓶座は思いついたら即行動するヒラメキの星座。そのためか、身体がキツイと思っていても気持ちで行動してしまう一面もあり、スジを違えてしまうことも。突然起こるふくらはぎの痛み=こむらがえりの原因は、筋肉の疲労と冷え。筋肉のコリをほぐして、温めることで血行を良くしましょう。おすすめは「ジンジャー」3滴に天然塩大さじ3杯を、足首まで浸かるくらいのお湯に入れて、足浴アロマ。併せて、カルシウムやビタミンなどの補給も大事です。

足首の痛みを癒す水瓶座のためのアロマ

水瓶座は足腰があまり強くないところが。そのため、つまずくといったケガが多いと言えます。そこで、足首をひねりがちなため、足の関節に炎症を起こしがち。そのため、ふくらはぎから足首にかけて血行促進作用のある精油でトリートメントすると痛みが早く治まるでしょう。オススメは、「ユズ」と「クスノキ」を1滴ずつにベースとなるココナッツなどの植物油10mlを混ぜて、患部に塗布してみて下さい。固定するテーピングも有効でしょう。

むくみを整える水瓶座のためのアロマ

水瓶座は朝方、脚に水分が溜まりやすく、脚むくみしやすい体質。血液やリンパ液は生命に欠かせない栄養素と酸素を全身に届け、老廃物を集めて体内を循環しています。その循環がうまくいかないと、血中成分が血管の外に浸透してむくみになります。そこで、バスソルトなどの全身浴で血液循環を促すのが効果的。「ジュニパーベリー」4滴と「ベルガモット」1滴に天然塩大さじ2、3を加え、入浴前に擦り込んで洗い流しましょう。その後、じっくりお湯につかることで身体全体に静水圧をかけ、血行促進を。

低血圧を改善する水瓶座のためのアロマ

人一倍頭脳を酷使する水瓶座は、遅くまでネットをしたりして起きているので、次の日まで疲れを持ち越しがち。疲労回復には何といっても質の良い睡眠が大切です。寝る前の食事を控え、夕方以降のスマホやパソコンの光を避けるなどを週間に。それでも消えない疲れは、精神的な影響も考えられます。リラックス作用のある「ラベンダー」2滴と「ローマンカモミール」1滴を足首まで浸かるくらいにお湯を張ったバスタブに垂らして。足湯をすることで疲れが取れて良質な睡眠が。

おわりに

現代人はストレスを感じることが多く、心身のバランスが崩れがちです。アロマテラピーは五感の一つである香りを感じることで、そのバランスを整える効果が期待できると言われています。植物のもつ自然の力をより効果的に得る為に、オイルとして抽出し用いるのが、アロマテラピーの基本的な行い方。12星座の各対応する部位をアロマによって癒すことで、あなた自身がより美しく輝き、ストレスや疾患から身を守ることができるのです。あなたもアロマの持つ大自然の力を占星術で取り入れてみてはいかがでしょう。(脇田尚揮/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード