【ムーンダイエット】1月の満月和食は美肌に効く「さつま芋団子のにゅう麺汁」

――月は、昔から私たち人間に、さまざまな影響を及ぼしてきました。それは、ダイエットにも関係しています。月のリズム×12星座エレメント×食材を使った、楽しく・おいしく・キレイにやせる『ムーンダイエットレシピ』をはじめてみませんか?

■1月18日~1月24日のムーンダイエットレシピ

★満月×火のエレメントレシピ★『さつま芋団子のにゅう麺汁』(1人分…290Kal)

1月24日は獅子座の満月。現在、月は満月に向かって徐々に満ちていっている状態。肉体もその影響を受け、「吸収」する作用が最も強いため、食事や水分などによる栄養を摂取するには最適でしょう。しかし、一方で最も太りやすいとされるタイミングのため、食べすぎには気をつけたほうが良いかもしれません。食物繊維が豊富でビタミンCを含む「さつま芋」を温めて頂く料理は、満月に頂く食材としてピッタリと言えるでしょう。

<材料>(2人分)

さつま芋…1/3本
素麺…1/3束
細葱…1本

A
片栗粉…大1
水…大1/2
塩…少々

だし汁…500cc
合わせ味噌…適量

<作り方>
1.さつま芋は皮を除いて水から茹で、つぶしてAを加え一口大の団子にする。
2.だし汁を煮立て、素麺を半分に折って加える。
3.味噌を溶いて1を加え、小口切りの葱をふる。

レシピのポイント

さつまいもは、食物繊維が多く便秘に効果を発揮します。またビタミンCも多く含んでいるので、常食すれば美容効果もありますので、美肌を目指しながらでお腹すっきりのダイエットが期待できます。

この時期オススメのダイエットアクション

この期間は、ダイナミックで誇り高い獅子座のエネルギーが自分の身体の中で最大化する満月に入ります。運動や競技に関すること、特に仲間内においてリーダーシップを発揮することでダイエット効果が高まるタイミングです。また、この時期は自分の意見や考えなどをはっきり形にしたり、自分をアピールすることが開運の秘訣。ウェアを購入したりジムに通うことで、あなた本来の魅力を輝かせるのに最適です。(脇田尚揮/ライター・HITOMI/料理監修)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード