2011.03.24

出す前に一度チェック!あわてず、スマートに!婚姻届を提出する方法


結婚式や新婚旅行の準備でバタバタする中、大切な婚姻届に不備があってはいけません。必要なものを事前にチェックしておきましょう。

 

婚姻届を入手する場所

提出先の市町村の役所で入手するのがベストです。

遠隔地からの受付もできますので、電話で必要書類を聞いてから手続きしてください。

戸籍謄本

戸籍抄本と間違わないようにしましょう。

 

本籍のある役所で申請します。遠隔地から取り寄せることもできますので、本籍の市町村の役所のホームページから申請書をダウンロードして手続きをします。

証人になる成人2人

証人は2人必要です。

 

20歳以上で2人の婚姻の意思を確認できる人であれば誰でも構いません。証人2人の姓が同じ場合は、必ず違う印鑑をそれぞれ押印してもらって下さい。

結婚する2人それぞれの印鑑

婚姻届に自分の印鑑を押すところがあります。実印でなくても大丈夫です。

 

婚姻届の提出

婚姻届の提出は365日、24時間いつでもOKです。

夜間や休日に提出する際は、書類に不備が無いように注意しましょう。

同棲から婚姻する場合

1つの住所で相手と自分、2つの住民票が存在している状態なので、これを1つの世帯にするために、世帯合併の手続きをします。

 

その後、引越しをするのであれば合併後の世帯で転出届けをします。

結婚式直後に同じ姓でハネムーンへ行きたい場合

結婚式の一ヶ月ほど前に婚姻届を出す必要があります。

 

新しい戸籍が作られるまでに2週間、その後パスポートの作成に1週間~10日間ほど掛かるからです。

関連記事