2011.04.01

風邪・水虫・花粉症にも効く♪ 体に優しい自然薬 ティーツリーの活用方法

 

 

 

・ティーツリー

(抗菌・抗真菌作用、免疫調整作用、感染症防止特に、呼吸器系や免疫系に効果的。花粉症)

 

 

ティーツリーオイルは48種以上の有機化合物を含む複雑な物質で構成され、抗菌性、抗炎症の効果を持つ1,8シネオールという成分や、殺菌消毒に有効なテルピネン-4-オールを30%以上ふくみ、有機化合物の相乗効果により、皮膚の炎症、切り傷・擦り傷、筋肉痛、そして水虫やカンジダといった感染症にまで効果のある「体に優しい自然薬」としてオーストラリアをはじめ世界各国でその価値が認められました。

 

特に、テルピネン4オールは大腸菌、黄色ブドウ球菌、カンジダ菌、そして緑膿菌などの菌へ殺菌効果があるとされています。

ティーツリーの歴史

オーストラリアの原住民アボリジニが薬用として使用していた。

オーストラリア軍が世界大戦時に医薬品として持ち歩いた。

 

その後、抗生物質開発により低迷しましたが。現在、コスメなど自然派ブームの高まりから、再び注目をされています。

菌が原因とされる疾患の殺菌効果

ティーツリーの殺菌力で

 

○にきび・吹き出物等

 

○水虫等の感染症

 

原液、もしくは希釈したものをそのまま患部に塗る


炎症を抑える効果

ティーツリーの抗菌性、抗炎症作用で

 

○かぜ・気管支炎

オイルをボウルなどに張った熱湯に落とし、立ち上るオイルの湯気を吸入する。(ただし喘息の場合は不可)

 

芳香拡散器や加湿器(オイル使用専用)を使用する。

真菌(カビ)による疾患を抗真菌効果

ティーツリーの抗真菌作用で

 

カンジダ、水虫等 感染症

 

乳化剤(ソルトや牛乳などで可能)にオイルを加えて浴槽にに5~10滴おとしてかきまぜ入浴する。

桶に一滴程度をいれたお湯を使用しタオルで体を拭く。

オイルを直接いれると肌に刺激を感じる場合があります。

 

真菌(カビ)に効果があるのでお掃除にも使用できます。

 

○ヘアケア・シラミ・フケ防止

 

フケの主な原因も菌:癜風菌(でんぷうきん)とされカビの一種です。

 

オイルをキャリアオイル(ホホバオイルなど)と混ぜ、1~2%程度                       の濃度にして使う。

無添加のシャンプーに混ぜて使用する。

口腔内にもすぐれた殺菌作用

ティーツリーの抗菌性、抗炎症作用で

○口内炎、歯肉炎

オイルを直接、綿棒などで患部に塗布する。又はコップの水に2~3滴落として1日に2回うがいをする。

使用の注意

 

ティーツリーオイルはとても便利で使いやすいオイルですが。

エッセンシャルオイルは強い成分を含みますので、体質によっては思わぬ副作用等が発生する場合もあります。


利用にあたりましてはくれぐれも安全にご注意いただき、自己責任でのご利用をお願いいたします。


 

関連記事