2016.01.22

これならOK?ぶりっこするならココは押さえとくべき!なポイント・4つ

ぶりっ子と聞くと、無理に可愛い子ぶっている女の子、といったイメージが浮かぶ女子も多いのでは?
意識して可愛さをアピールする分、ちょっとあざとく映ったり、さらに言えば腹黒さを感じることも少なくないでしょう。

でも、男性によっては「ぶりっ子は似合っていれば良し」という意見も少なくありません。
そこで今回は、許されるぶりっ子ってどんなものなのか。
気になる人と距離を縮めるアプローチになりそうなものを集めてみました。

1.不意打ちのボディタッチ

「後ろからつつかれる、あれがやばいです(笑)。自分でも単純だなって思うんですけど、ああいうボディタッチされると異性として意識しちゃいます」(20歳/男性/大学生)

知り合いレベルの女性であれば、男性は不意打ちのボディタッチにドキッとし、異性として意識してしまうようです。

ほかにも肩を叩いたり、頬をつついたり……といったボディタッチも効果がありそう。
相手との関係に応じてボディタッチの仕方を変えてみると、好意を自分に引き付けられるかもしれません。

2.裏表がない

「ぶりぶりした感じでも、男だけじゃなくて女の子の前でも同じ態度なら、そういう子なんだなって受け入れられる」(24歳/男性/IT)

男性の前だけで高い声を出して、積極的にボディタッチをするという女性では、その計算高さに男性から引かれるだけでなく、同性からも反感を買ってしまいそう。

対して女友達が相手でもぶりっ子している女性は、「誰に対してもああなんだ」と許せる男性は多いようです。

3.ちゃんと女友達がいる

「以前、ぶりっ子で陰口を叩かれている子がいたんですが、『女子ならぶりっ子して当然でしょ』とフォローしている子がいて、多少のぶりっ子も普通なのかもなと思った」(20歳/男性/大学生)

ひとりだと気になるぶりっ子も、それを肯定してくれる仲間がいると、男性も認めざるを得ないようです。

男性の中でも、ぶりっ子というと「女友達がいなさそう」「計算高そう」というマイナスイメージを持ちがし。

しかし、ぶりっこであっても同性の友達がいるようなら、「みんなに嫌われているわけじゃないんだな」と安心するようです。

4.相手の気持ちを汲んでリアクションする

「『ええ~、そうなの!?』『すごいじゃん!』って、大げさなリアクションをする子はあざといなって思うけど、ノーリアクションよりいいなって思う」(19歳/男性/大学生)

多少大げさに反応してくれた方が、男性は好感を持つよう。

とはいえ、単に大きく返すだけではわざとらしいだけでなく、「あんまりちゃんと聞いてくれてないのかな」と思われてしまうかも。
相手の気持ちを汲んだリアクションができると、ぐっと距離が縮まるかも。

おわりに

いかがでしたか。気になる彼のハートをゲットするには、時には許されるぶりっ子をすることも大事。
ぜひ、気になる彼との距離をもっと縮めてみてくださいね。(柚木深つばさ/ライター)

(ハウコレ編集部)
(横田彩夏/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事