ポッコリお腹にさようなら!「酵素食品」で腸を元気に!

あなたは毎日スッキリできていますか? 何だかスッキリしない……。詰まっている感じがする……。と便秘に悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。そんな時に活躍するのが“酵素食品”です。
今回は、便秘が起きる原因と共に、酵素食品の魅力について紹介いたします。

便秘が起きる理由は?

便秘の原因は人それぞれ様々ですが、便秘の原因のひとつに腸内環境の悪化が挙げられます。腸内に悪玉菌が増えると、腸の動きを悪くしてしまうのです。

便秘になると、肌荒れやポッコリお腹の原因になり、悪化すると口臭や体臭にも影響があるとされています。「何日も便秘なんだよねー」と軽く考えていると、知らず知らずのうちに体内は大変なことになっているかもしれません。
そんな腸内環境を整えてくれるのが、発酵食品です。

発酵食品ってなに?

カビや酵母、細菌などの微生物が食材に発生し、食材の成分を変化させることを“発酵”と言います。チーズや醤油、味噌、パンをはじめ、ビールやワインなどのお酒も発酵食品のひとつ。

微生物が発生すると聞くと少し怖く感じてしまいますが、微生物大きく分けて「善玉菌」と「悪玉菌」に分類することができます。発酵食品に含まれているのは善玉菌で、私達の健康をサポートする働きをしてくれます。対して「悪玉菌」は食べ物を腐らせたり、下痢を引き起こす害のあるものです。

つまり、発酵食品とは善玉菌によって作られた食材のことを言うのです。

腸内環境を整える食品1:納豆

納豆が便秘にいい理由は、納豆菌が腸内の善玉菌となり、他の善玉菌を増やしてくれるからです。善玉菌を増やしてくれる食材はほかにもたくさんありますが、納豆菌は他の菌に比べて乳酸菌を増やす力が強いと言われています。オリゴ糖も含んでいる為、相乗効果で腸内環境を整えてくれるのです。

また、納豆は食物繊維が豊富な食材としても知られていますので、お腹の調子が気になるときは、1日1パックの納豆を習慣づけると良いかもしれません。

腸内環境を整える食品2:キムチ

韓国の女性のお肌が、透き通るように白かったり、スタイルが良くて美しかったりする理由は「キムチ」を食べているからという説があります。

これはあくまで一説ですが、キムチに便秘解消に役立つ成分が豊富に含まれているのは事実です。

キムチには、「ラクトバチルス・プランタラム」という植物性の乳酸菌が含まれています。
この菌は「生きて腸まで届く乳酸菌」で納豆菌同様、善玉菌を増やしてくれる作用があります。また食物繊維も入っているので、こちらも便秘に相乗効果が期待できそうです。

腸内環境を整える食品3:ぬか漬け

日本の食卓に欠かせないお漬物。お漬物の中でも、便秘の時に食べたいのが発酵食品である「ぬか漬け」です。

ぬか漬けには、植物性乳酸菌が沢山含まれています。先ほどから繰り返しになってしまいますが、この乳酸菌が腸内の善玉菌を増やして、腸内環境を整えてくれるのです。

乳酸菌は色々な種類の菌を食べることでさらに力を発揮すると言われているため、色々な野菜のぬか漬けを食べれば、それぞれの野菜の栄養素も加わり、スッキリをサポートしてくれます。

おわりに

私たち日本人にとって、発酵食品は身近な食材ですよね。お腹の中に善玉菌を増やし、理想的な腸内環境を目指していきましょう。(大野えりか/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード